2018年04月03日

先日のフローリングの記事
でも写っていましたが

我が家は
ルンバが掃除してくれてます

ルンバa

椅子上げないといけないので
テーブルの上も自然に片付きます(笑)



・新築こそルンバがオススメ


ルンバを使っているブログを見ると
みなさんが書いてますが


ルンバは物が置いてあると
掃除してくれませんので
片づけてから動かします


家が一番綺麗な状態は
家建てて引越し作業が
終わってすぐだと思うので


ここでルンバを置いておくと
物を床に置かなくなります




・子供のおもちゃは棚を買いました。


とはいえ引っ越し時にはちょうど1歳の
子供がいたので

おもちゃはどんどん増えていきます。

テレビ台の上
ソファの上

などに置いてましたが
置ききれなくなったので棚を購入しました

ルンバb




4000円ちょっとの割りに
おしゃれでいい感じです
(左が↑の棚で右はニトリのです)

しかし、上の子だけで
既におもちゃがいっぱいなのですが

下の子はまだ4ヶ月ですから
これからどんどん増えていくと思います・・・



・ルンバは種類がたくさんあります


ルンバで検索すると
たくさんの型番が出てきますが

おおまかに分けると

・900番台

・800番台

・600番台

以上3種類に分かれます



900番のシリーズは一番高級で
10万円する機種もあります


スマホから操作出来たり
内臓カメラが付いてるので
部屋を把握出来るらしいですが


我が家の1FはLDKのみで
分かれてないので
ここまで高級なのはいりません
(買えません


800番シリーズ

600番よりブラシが違うので
清掃能力が高いそうです


800と900は清掃能力は同じで
付加機能の違いだけです


600番シリーズは一番安く

800と900に比べて
ブラシがゴム製なので
絨毯の上の清掃能力が弱いそうです


カーペットが多い家庭は
800シリーズのが
いいらしいですが

フローリングならどれも
それほど変わらないというレビューが多いです




・我が家は一番安い600シリーズ


もちろん
一番安いという理由が一番なのですが

ルンバはどれを選んでも

人工知能部分は同じなので
安いから変な所を通るとかは無いです。


また600シリーズはブラシがゴムなので
絡みつくそうですが

絡みやすい=よく毛が取れるので

ペットがいる家庭では
600が一番いいかもという
アマゾンのレビューを見たので
これにしました。




スケジュール機能はないですが
妻が子供を寝かせにいった後に

私が洗い物と掃除をしますので

洗い物の間に掃除も終わって
大変便利です


カーペットも敷いてますが
ちゃんと登ってくれます

たまにめくってしまいますが



毎日
「どこからホコリ持って来た」
という位に使い終わると
ホコリがたくさん取れてます



・ルンバ629

使ってるルンバは629という商品です


こちらは
「ケーズデンキ」のオリジナルモデル
622にフィルターが5枚付くという商品です

622ベースなので

・バーチャルウォール
(赤外線で見えない壁を作る)もあります


地方なのでなかなか
「価格コムのが安いんですけど」
言ってもヤ○ダもコ○マも安くならないのですが


何故かケーズデンキだけは
価格コムの最安値位まで頑張ってくれます!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング




2018年04月02日

サイディング、建具類に
続いてフローリングも工務さんではなく
インテリアコーディネーターさんとの
打ち合せになります。


ちなみにコーディネーターさんですが
レオハウスの方では無くて
違う会社の人です。


レオハウスから依頼されて来ている方で
山梨の人ではなく
なんと茨城県から打合せのために
山梨まで来ているそうです。



・フローリングは色のみ選択


大人気の家CoCoのDセレクトで
選べるフローリングがこちら

フローリングa


朝日ウッドテック
「ライブナチュラル」という商品です


残念ながら、今回は1メーカーで
1種類のみなので
色のみの選択です


ライブナチュラルは集成材ですが
表面に天然木を貼っており
1つ1つが違うという
「パッと見」無垢材っぽく
見える商品です。

フローリングb


多分オプション払えば
色々選べるでしょうけど


子供が小さいし犬もいるし
どうせ傷がつくだろうし
無垢材のメンテが出来るほど
マメではないので

標準のみで選択します。




・色だけなのでかえって選べない

今まで複数のメーカーから選択してれば
性能や特徴が違いますが


同じものの色だけ選択で
しかもフローリングの色選びは
家の雰囲気が
かなり変わる重要な部分です


・まず1色のみ却下

ライブナチュラルは
天然木を貼っているので
使っていく内に
無垢材のように色味が変わります

その中で
フローリングc

ブラックチェリーは凄い変わるよという事で
逆に怖いのでまず却下になりました。



・「ナチュラル」か「モダン」か

コーディネーターさんが
基本として言ってくれましたが

濃い色はモダンにかっこよくなる色で
明るい色はナチュラルに優しくなる色になります。


濃い色はホコリが目立つというのは
みんな知ってるデメリットですが

明るい色はホコリは目立たないけど
髪の毛は目立つそうです




・この辺まで来ると好みが分かってますね

コーディネーターさんと決めたのが
サイディング、玄関、建具類で
既に決まっていますので


ここまで来ると家に合う色と
私の好みもだいたい分かっています。

フローリングd

こちらの濃いのは却下で




フローリングe

こちらの明るい色から選びます




・妻の好み

この3つまでは夫婦で
意見が合ったのですが

一番明るいシカモアは妻が
「いくらなんでも明るすぎ」
となりました。


私は白いフローリングでもいい位なので
明るくてもいいのですが


なので
バーチハードメープル
の選択になりました



・メープルとバーチの違い

メープル楓の仲間
バーチ樺の仲間です

そして経年変化は
メープルは濃く赤味を帯びて
バーチは明るく黄身を帯びるそうです



変化の度合いも
メープル経年変化しやすく
バーチ変化しにくいという事でした。


たしかに私が持ってる20年以上前に買った
ギターはメープル素材ですが
色が濃く赤くなってます



・バーチに決定しました

経年変化しにくい事と
変化しても赤味ではなく
黄色に変化するので

明るい色が好みなので
バーチにしました。



・1年経過して

今のところ経年変化というのは
余り思いません

妻は
「木目が濃くなった部分がある」
と言ってたので
若干変化があるのかもしれません


無垢材とは違うので隙間も出来てないし
不満は何もありません。

色もナチュラルな色で気にいってますし
ホコリや髪の毛も気になる事はありません


フローリングf
こちらは電球色の下で取った写真です




フローリングg
こちらは蛍光色の下で取った写真です


ホコリや髪の毛は
ルンバが掃除してくれているので
分からないのかもしれません


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年03月31日

建具関係は
大人気の家CoCoのDセレクトの場合は

3メーカーから選べます。


まずは
住友林業クレスト
建具a




そしていつものLIXIL
建具b





最後にNODAは2枚
建具c

建具d

NODAさんは仕事の付き合いがあったりします^^;



・条件があります

3メーカーから選ぶことは出来ますが

ドアはNODA
下駄箱はLIXILとかは出来ません

1メーカー選んだら
その中で全て選ばないといけません。

巾木や廻縁なども
ここで選んだメーカーになります。



・ノーマルドアとハイドア


全てのメーカーで高さが微妙に違いますが
昔に比べてドア類の高さが上がっていて
今回のメーカーも

・ノーマル(約200cm)
・ハイドア(約230cm)

の2種類から選べるようになっています。


恐らく定価を合わせる為なのか
どのタイプも200cmの方が
ガラスが多かったり
装飾が凝ってたりします


妻は200cmだってぶつかる事は無いから
低い方でもいいんじゃない?とか言いましたが

230cmのハイドアの方が
開放感があって

圧倒的に部屋が広く見えますので
200cmなんて考えもしませんでした。


工務さんも設計士さんも
「230cmのがいいよー」
という事でした。


オプションだったとしても
ハイドアにしたい位なので
どちらも標準ですから迷わず
230cmタイプから選択します



・我が家は引き戸が多い


木だけのドアに比べたら
ガラス入りのが当然高いと思いますが

建具e

LDKに1ヶ所しか選べません



しかし我が家の場合

1Fは
リビングに開き戸が1つで
後はトイレは開き戸ですが
後は全て引き戸です。


2Fも寝室入り口とクローゼットなど
全て引き戸です。


そのため元々1つしか取付出来ないので
問題は無かったです。




・LIXIL対NODA対住友林業


これまで我が家では
圧倒的な採用率なLIXILですが

キッチン:タカラ×
バスルーム:LIXIL○
トイレ:LIXIL○
洗面台:ノーリツ×

好きなメーカーから選択でも5割
玄関ドアと窓もLIXILなので結構な採用率です


今回の建具類は

NODA
ノーマルドア 203cm
ハイドア 222cm
に対して


LIXIL住友林業
ノーマルドア 203cm
ハイドア 230cm

と8cmとはいえ開放感に勝る部分なので
NODAはこの時点で評価が下がり


住友林業は下駄箱がLIXILに比べて小さいので
この時点では
LIXILが一番評価が高いです




・LIXILのソフトクローズが凄い

一応他メーカーも考えたのですが
下駄箱も一番大きいし
色も豊富なので
「LIXILがいいかなぁ」位だったのですが

建具f


引き戸用の
ソフトクローズの性能が凄くて
他メーカーの事は
余り考えずLIXILになりました。


どれくらい凄いかと言うと

大人が力いっぱい閉めても
最後の10cm位から
ゆっくり閉まります


なので子供が閉めても
指をケガする心配はありません



ドア枠、巾木や廻縁、敷居なども決めます。

巾木やら廻縁やら
「それはどこ?」みたいにたくさん選びます


その他の家で使う木材も
一気に決めないとなりません。
使うものはあらかじめ決まってるので
色選ぶだけですが


基本室内は白い家が希望なので
ドア枠はドアと同じ茶色に
その他は全部白にしました。

窓サッシも内外ともに白です。

建具g

我が家唯一の開き戸ドア部分です
1Fと2Fの間の廻縁は
茶色にすると凄い目立つので嫌でしたが
白にしたので綺麗にまとまりました



・廻縁や巾木を付けない人もいるらしいです

我が家も最初は廻縁って要らないなって
思っていて、コーディネーターさんも
「無い家もある」と聞いたのですが


工務さんから「巾木や廻縁」は
フローリングと壁紙の
剥がれ防止の為あったほうがいい
と聞きましたので付けました

建具h




・あってよかった巾木

建具


アンパンマンの車で子供がぶつかるので
巾木でガードしてくれるので
付けてよかったです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング