2018年03月31日

建具関係は
大人気の家CoCoのDセレクトの場合は

3メーカーから選べます。


まずは
住友林業クレスト
建具a




そしていつものLIXIL
建具b





最後にNODAは2枚
建具c

建具d

NODAさんは仕事の付き合いがあったりします^^;



・条件があります

3メーカーから選ぶことは出来ますが

ドアはNODA
下駄箱はLIXILとかは出来ません

1メーカー選んだら
その中で全て選ばないといけません。

巾木や廻縁なども
ここで選んだメーカーになります。



・ノーマルドアとハイドア


全てのメーカーで高さが微妙に違いますが
昔に比べてドア類の高さが上がっていて
今回のメーカーも

・ノーマル(約200cm)
・ハイドア(約230cm)

の2種類から選べるようになっています。


恐らく定価を合わせる為なのか
どのタイプも200cmの方が
ガラスが多かったり
装飾が凝ってたりします


妻は200cmだってぶつかる事は無いから
低い方でもいいんじゃない?とか言いましたが

230cmのハイドアの方が
開放感があって

圧倒的に部屋が広く見えますので
200cmなんて考えもしませんでした。


工務さんも設計士さんも
「230cmのがいいよー」
という事でした。


オプションだったとしても
ハイドアにしたい位なので
どちらも標準ですから迷わず
230cmタイプから選択します



・我が家は引き戸が多い


木だけのドアに比べたら
ガラス入りのが当然高いと思いますが

建具e

LDKに1ヶ所しか選べません



しかし我が家の場合

1Fは
リビングに開き戸が1つで
後はトイレは開き戸ですが
後は全て引き戸です。


2Fも寝室入り口とクローゼットなど
全て引き戸です。


そのため元々1つしか取付出来ないので
問題は無かったです。




・LIXIL対NODA対住友林業


これまで我が家では
圧倒的な採用率なLIXILですが

キッチン:タカラ×
バスルーム:LIXIL○
トイレ:LIXIL○
洗面台:ノーリツ×

好きなメーカーから選択でも5割
玄関ドアと窓もLIXILなので結構な採用率です


今回の建具類は

NODA
ノーマルドア 203cm
ハイドア 222cm
に対して


LIXIL住友林業
ノーマルドア 203cm
ハイドア 230cm

と8cmとはいえ開放感に勝る部分なので
NODAはこの時点で評価が下がり


住友林業は下駄箱がLIXILに比べて小さいので
この時点では
LIXILが一番評価が高いです




・LIXILのソフトクローズが凄い

一応他メーカーも考えたのですが
下駄箱も一番大きいし
色も豊富なので
「LIXILがいいかなぁ」位だったのですが

建具f


引き戸用の
ソフトクローズの性能が凄くて
他メーカーの事は
余り考えずLIXILになりました。


どれくらい凄いかと言うと

大人が力いっぱい閉めても
最後の10cm位から
ゆっくり閉まります


なので子供が閉めても
指をケガする心配はありません



ドア枠、巾木や廻縁、敷居なども決めます。

巾木やら廻縁やら
「それはどこ?」みたいにたくさん選びます


その他の家で使う木材も
一気に決めないとなりません。
使うものはあらかじめ決まってるので
色選ぶだけですが


基本室内は白い家が希望なので
ドア枠はドアと同じ茶色に
その他は全部白にしました。

窓サッシも内外ともに白です。

建具g

我が家唯一の開き戸ドア部分です
1Fと2Fの間の廻縁は
茶色にすると凄い目立つので嫌でしたが
白にしたので綺麗にまとまりました



・廻縁や巾木を付けない人もいるらしいです

我が家も最初は廻縁って要らないなって
思っていて、コーディネーターさんも
「無い家もある」と聞いたのですが


工務さんから「巾木や廻縁」は
フローリングと壁紙の
剥がれ防止の為あったほうがいい
と聞きましたので付けました

建具h




・あってよかった巾木

建具


アンパンマンの車で子供がぶつかるので
巾木でガードしてくれるので
付けてよかったです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年03月30日

家を建てた方への
プチボーナス

「住宅ローン減税」が戻ってきました。
MAX1%の税金は戻ってきたでしょうか?


↓住宅ローン減税の簡単な説明↓

普通に家を建てると
10年間住宅ローン残高の1%が
住宅ローン減税で戻ってきます。


3,000万以上稼ぐ人とか
15坪以下の家とかNGな場合もありますが
普通に建てた普通のサラリーマンなら対象です。


ここ1,2年の低金利で
金利が1%以下の方も多いと思いますが
住宅ローン減税で1%戻ってくるなら
そちらのが得って話になります。




私の場合、フラット35Sで10年間の金利が0.8%なので
単純に考えると10年間は繰上げ返済しない方がお得なのですが

もちろん
「支払った金額以上は返ってきません」


なので繰上返済する予算があれば
1%で返って来ない分は
繰上返済した方がお得です。
(もちろん10年間でどんどんローン残高は減りますが)


逆に現状で
1%全部戻って来るなら
10年間は繰上げ返済しないで
取っておいた方が得になります。



その為に、どれくらいの住宅ローン残高だと
MAXの1%貰えるか計算したいのですが

給与以外の控除がいくらかは
毎年変わってきますので
だいたいで計算してました


理想は

「住宅ローンの残高の1%」-「各種控除」+「所得税の総額」=136,500円まで

支払った所得税以上は返ってきませんが
引ききれない分は住民税が安くなります。


その住民税も
「最大136,500円まで引く」
というルールがあります。


課税所得の7%か
最大136,500円というルールですが
平均的なサラリーマンの収入なら
136,500円で大丈夫です


なので計算してみて
136,500円以上残っていたら
(余裕があれば)
繰上げ返済で調整します。




・我が家の例で計算


色々計算式出しても「分かりにくい」ので
私の今年度の実例です

減税a-2


さすがに年収を出すのもアレなので
年収が分かる部分は消してます

計算する為に必要なので「だいたい」で言うと
山梨県の平均年収よりは高く
東京都の平均年収よりは100万ほど低い位です


・・・・
・・・
・・
というか東京と山梨で
平均年収が145万円も違うんですね・・・


でも坪単価も10倍以上違うので
山梨で良かったかも




・ざっと計算します

まず私の基本情報は

①共働きなので妻は扶養に入っていません
②子供は2歳と0歳なので、こちらも控除は出来ません
③生命保険は年15万円位
④地震保険は今年度から

減税b-2


そして住宅ローンの残高が
フラットαの繰上返済もあって
21,727,802円なので

上限は1%なので
最大217,200円まで減税出来ます



・住宅ローン以外も色々引けます

まず基礎控除から引けますし
生命保険の控除とか今年からの
地震保険の控除とか

色々引けるものがあっても

去年支払った所得税以上は
現金は返ってきません

減税c-2


色々引いた結果
住宅ローン減税で返ってくる分は
104,900円

217,200円-104,900円なので

112,300円
所得税からは引ききれませんでした


全部所得税から減額するには
年収が200万円位
上がらないとダメな気がします

でもそこまで年収あったら
ローコストの家
買ってないような気もします




・136,500円までなら大丈夫

引ききれなかった112,300円ですが
その場合、次の住民税が安くなります。


上限が136,500円まで安くなるので
住宅ローン減税1%
フルに恩恵を受けれます


今のフラット35Sの金利0.8%より
高く戻って来てるので
フラットは繰上返済
しない方が得になります


平均年収位だと15万前後戻ってくるので
まさにプチボーナスなのですが

4月に同じ位
固定資産税が来ますので

余裕が出来る訳ではありません


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年03月29日

妻の友人が東京から遊びに来てて
車を止める時に驚かれたのですが

パーキングa


山梨県では妊娠して母子手帳を貰う時に
一緒に優先駐車場に止めれる
利用証を貰えます。


今は下の子が3ヶ月ですので
ベビーカーの出し入れしたりしますし.

上の子も2歳なのでまだ
車の危険を認識出来てないので
非常にありがたいです。




・東京にはないらしいです・・・


この制度は
「パーキングパーミット」という名前で
山梨県以外にも実施している都道府県は
多いです。


「パーキングパーミット ○○県」

という風に住んでいる県で検索すれば
大抵は出てくると思います。

パーキングb


都道府県ごとに名称は違いますが
パーキングパーミットで出てきます


隣県の長野県の友人も同じように
利用証を貰っていたので
どこでも貰えるのかと思っていたのですが

東京ではこの制度は無いそうです。


調べた所、今現在で36都道府県が
実施しているので
まだ未実施の所も結構あるみたいです




・制度が無い理由は

東京でこの制度が無い理由は

「身体障害者の方だけで駐車場がいっぱい」
という事なので


都内はそもそも駐車場も少ないし
車も多いので仕方ないのかなと思います・・・


とはいえ同じ都会でも大阪は
実施しているので、うまく調整して
実施してくれればと思います。


身体障害者はもちろん
妊婦、高齢者、一時的な怪我の人も
利用証は発行されるので

駐車場が空いてないという問題は
当然出てきます


しかし全く関係の無い健常者が
止めたりしている中
明確に「この人達が利用できます」
区分けするのはいい事だと思います。




・期間は都道府県でバラバラ


妊婦の場合は
当然ですが利用できる期間が決まっています。

妊婦に期間が無ければ出産した人は
全員身体障害者の駐車場に止めれてしまいます


期間ですが
この制度を初めて実施した佐賀県などは
妊娠7ヶ月から産後3ヶ月までと非常に短いです。


つわり時期から子供が歩ける位までは
あった方がいいと思いますが
駐車場の台数は限度があるので
厳しいのかもしれません。


・山梨県は妊婦に優しい

私の住んでいる山梨県はというと
母子手帳を貰う時に一緒に貰えますから
だいたい妊娠3ヶ月位からになります。

その時点で期限を記入されますが
出産予定日から1年半後まで有効です。


さらにお隣の長野県は
2年まで有効だったりします。



・相互利用が出来ます

私達が利用証を持って他県に行った場合
制度がある36都道府県と
制度がないけど市独自でしている
埼玉県川口市でも使えます。


静岡県に行った時に
利用証に山梨県って書いてあるから
静岡では使えないかなと
利用しなかったのですが

問題なく利用出来るそうです。


にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村


2017年4月~18年3月生ランキング