2019年02月15日





我が家の建設途中に
工務さんと話していた時に


「住宅業界もここ10年でかなり進化したので
これから先は余り変わらないかも」

という話を言っていました


実際ここ10年で
ローコストメーカーも
色々進化したみたいで


その分値段差も
ローコストと言われるメーカーと
普通のメーカー
値段差が昔より無くなっています


それだけ今の建築基準が
昔に比べて高い物が
望まれてるという事ですね





・10年前の断熱材の掲示板


有名掲示板サイトの
「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」ですが


こちらのサイトは
書きこみが1000を超えると
消えてしまいますが


書きこみが1000までいかないとずっと
残っています

断熱性能a
こちらの建設業界の掲示板にある
吹き付け断熱のページは
なんと2009年ですので



10年前の掲示板ですが


断熱性能b



10年前に

屋根80mm 壁70mm 基礎60mmの
吹き付け断熱をした人が


どんな寒い地域でも
そんなに厚く吹き付けしないと
総ツッコミされています



断熱性能c


「冷蔵庫に住むの?」

「百歩譲らない」
本当と思われない位


10年前では
ありえない厚さだったのですね



その後
もう一度本人が書きこみをしていて


断熱性能d


室内側樹脂サッシなので
我が家のサーモス2Hなどと同じですね


10年前だと
この吹き付け断熱の厚み


高断熱に定評のある
一条工務店の
北海道仕様と同じという事です






・この性能を今に当てはめると?


さて10年前に
「屋根80mm 壁70mm 基礎60mm」という


当時では「ありえない」と言われるほどの
厚さだった吹き付け断熱ですが


例えば
我が家でも
断熱性等級4は取得してありますが


等級4の最低基準が


断熱性能e


アクアフォームだとCの基準値になるので

最低でも
「屋根160mm 壁90mm 基礎90mm」


この厚さの吹き付け断熱をしないと
断熱性等級4は取れません



我が家の場合は


断熱性能f

屋根は170mm
壁は90mmの吹き付け断熱です



基礎はポリスチレンフォームなので
吹き付けではありませんが


ローコスト住宅でも
取得出来る
断熱性等級4ですが


この10年前に
「ありえない」と驚かれた
厚さの当時としては


「超高断熱住宅」ですら
断熱性等級4は取れません・・・


この10年間で
いかに断熱性、気密性の性能が
上がったのが分かりますね








・という事で中古住宅はちょっと・・・


外観だけだと新しい感じの
築10年の中古住宅だとしても


当時の「一条工務店レベル」の
北海道仕様の断熱性能ですら
今の基準以下です


なので
気温が温暖な地域ならともかく


冬寒い地域でしたら
中古住宅というのは
選択肢から外した方がいいと思います


もちろんお得な値段なら
考慮してもいいんですが


中古住宅って
そこまで安くなりませんし


築10年で
ある程度有名なハウスメーカーなら
新築の我が家より高い家も多いです





・10年前の家はどこまで快適か


10年前の
「高気密・高断熱」仕様の家が


今の基準だとかなり低い事は
分かったかと思いますが


では、当時の基準の家が
快適ではないかと言うと


断熱性能g


こちらは違う方ですが


屋根60mm 壁と基礎40mm
窓サッシはおそらく
通常のペアガラスでアルミサッシだと
思いますが


かなり快適そうですし
実際今でも充分快適だと思います


首都圏って事なので
そこまで寒くもなさそうでし
(一応山梨県も首都圏なのですが


多分私の家も
10年経ったら


「当時はそんなに古い性能」って
言われる位進化していると思います


この書きこみした方も、私も

前に住んでいた賃貸が
普通のアルミサッシにシングル窓でしたし


高気密、高断熱なんて言葉も無い時代の
建物でしたので




2019年02月12日





我が家の
お気に入りのオプション


黒板になる壁紙
お兄ちゃんも3歳になって


色々とお絵かき
するようになりました

サンゲツa

何の絵かは分かりませんが
「じゃがいも」とか「バナナ」とか
書いてるそうです




サンゲツb

オプションで設置した
サンゲツのブラックボードクロス
名前の通り「黒板」になる壁紙です




サンゲツc


数種類ありますが
我が家の壁紙は
RE-7924という壁紙でした





サンゲツd

こちらは
引越しして1ヶ月後位の写真です


まだ子供がお絵かき出来ないので
ママが予定表としてだけ
使っていました





サンゲツe

アクセントクロスとして
リビングの1面全部を
この黒板クロスにしています





・楽しいのですが消すのが大変です・・・


ママが予定を書く位の時は
問題なかったのですが


子供が週1回位落書きをすると
当然書いたものを消すのですが



サンゲツf

せっかく書きましたが
一度消すのですが


まず通常の
黒板消しで消しても


サンゲツg

このようにチョークの
跡が残ってしまいます


学校の黒板もこんな感じでしたが
サンゲツの説明書を読むと


サンゲツh



・黒板消しで消した後
 マイクロファイバークロスで水拭きする


・何度も繰り返し使うと
 完全に綺麗な状態に戻らない

という注意書きがあります。


たしかに学校の黒板なんて
大掃除しても綺麗じゃ
無かった記憶もあります・・・








・黒板消しの後に水拭き3回で綺麗になりました

 
黒板消しで消した後に
硬く絞った雑巾で拭きます

サンゲツi

雑巾にチョークが付くので
まだまだチョークが残っています



サンゲツj

黒板消し→雑巾でも
まだチョークが残ります


このままでも
黒板としては使えますが

せっかくなのでもう1回
雑巾で水拭きをします


サンゲツk

まだまだチョークが付きます



結局完全に綺麗になったのは
雑巾で3回拭いて


サンゲツL

新品時と変わらなくなりました


ちゃんとした
マイクロファイバークロスなら
もっと簡単に綺麗になるかもしれませんが


毎日落書きすると
結構大変だと思います


それでも
子供は「全面キャンパス」なんて
通常は出来ないですから


いい経験にはなると思います



サンゲツm


シール貼っても
クレヨンでお絵かきしても平気な

ホーローキッチン
お絵かきさせた方が
後の清掃は楽です(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング






2019年02月09日






家を建てて最初の冬を迎えると



「さすがに暖かい」と喜ぶのと同時に


「ものずごい乾燥」に驚きます


湿度a

我が家もリビングに1台
スキップフロアに1台


加湿器を置いていて


さらに24時間ずっと
加湿器を動かしていますが



湿度b

晴れてると
30%代になる時があります


お出かけなどして
水が切れていたりすると


30%前半や
20%になる事もあります




湿度c

加湿器のすぐ近くに
湿度計があるので






湿度d

夜になると
45%位まで行くときも多いのですが



とにかく乾燥します






・最近の家が乾燥する理由



元々日本の冬は乾燥していますが

最近の家が特に乾燥する理由は



①家の温度が暖かいからです


最初は木が水分を吸うからとか
換気システムでちゃんと換気をするからとか


色々書かれていますが・・・


木の問題と換気の問題だけなら
古い家も同じように乾燥します


実際古い家でも冬は乾燥しますが


古い家だと湿度40%位の時に
今の家が湿度20~30%になる原因は


家が暖かいからです



湿度d


縦が空気中の水分量
横が温度です


同じ湿度100%でも


気温が10度と20度では
水分量は倍近く違うので


仮に気温10度で湿度50%の空気を
そのまま20度まで暖めると


湿度は25%ほどにまで
下がってしまいます



昔の家は
ストーブ、こたつなど
局所的には暖めてますが


家の中全部暖かいなんて事はないので
今の家の方が乾燥します


1種換気で湿度も交換したとしても
最終的には外気の湿度にまで近づきますし


その際に家の気温が暖かいので
乾燥します






②石油ストーブが使えません


今の普通の高気密、高断熱の家だと
「石油ストーブは使わないでください」って言われます


我が家も工務さんに言われました・・・



灯油は燃やす時に
水分を出しますが


この量が案外多く

灯油1リットルを燃焼させると
水分は1.1リットル出ます


なので

冬の乾燥している時期に


エアコン、床暖房などで
家中暖かいので

乾燥します






・やはり気化式は今の家にはメリット多いです



前に加湿器は気化式がオススメと書きました


↓↓過去記事↓↓





安全性などももちろんですが


気化式は仕組み的に
適応畳数で使っていれば


湿度が60%を超えるなんて事は無くて
MAXでも50%位にしか上がりません


気化式の加湿器は
電気代が安いので
24時間稼働出来ますし


乾燥、インフルエンザ対策には
湿度は50%あれば充分ですし


湿度が上がりすぎる事はないので
カビの心配もなくて

結露も当然少ないです







スチーム式などにくらべると
一瞬の瞬発力には絶対勝てませんので

24時間稼働するのがオススメです


パナソニックの加湿器は
内蔵の湿度計も割と正確なので