2018年12月26日


住宅ローンに付帯出来る
団信ですが


最近はガンなどの
3大疾病でも免除になる団信なども多く
色々種類があります



同じガン特約でも

無料で付くのに多い
ガンになっても1年以上
就業出来ないと免除になるタイプもありますが




詳しくは過去記事に






私の入っている
フラット35の3大疾病タイプは


ガンa


皮膚がん上皮内がん以外は

ガンと診断された時点で
支払いが免除になります


そうなると思うのが


超早期発見の
完治出来るガンになったら
得だなぁと


そういう気持ちも
ちょっとは思いながら・・・


会社の健康診断受けたら
全く異常はありませんでした






・ガン特約は得なのか?


フラット35の場合は
団信は任意なので

入らない事も可能ですが


万が一の事もあるので
かなりの人が入っていると思いますが



団信無しの金利が1.1%の場合
ガンb

3大疾病特約が無い団信で0.28%上乗せで1.38%


3大疾病付の場合はさらに0.24%上乗せなので
0.28%+0.24%で1.62%になります


2,000万円借りた場合の
ローンは毎月約5,000円


35年間の利息は
211万円違ってきます


それでもガンになった時点で
免除なので


万が一の事を思えば
得な気もしたので


私は3大疾病付に
入りましたので

健康診断の時に
「すぐ直るガンなら見つかってもいい」って
思ったのですが


その時に医師が

「40歳でガンなんて
宝くじ当たる並みに少ない」からって
言っていたので


さすがに言い過ぎだろうと
思って

年代別のガン発症率を調べました





・30代、40代って思ってたよりガンが少ないですね


ガンc


実際40歳だと
ガンの発症率は0.1%以下です



45歳位から
若干グラフが上がっていきますが

1%(100人に1人)になる確率は
70歳過ぎてからになります



仮に60歳位までに
住宅ローンを支払い終わるとしたら


この年齢までは
ガンになるのはかなりの低確率です



ガンd

こちらは将来の確率ですが


40歳の男性が
10年後にガンを発症する確率は0.3%

20年後でも2%です



現在30歳だと
10年後は0.1%


そして20歳だと
数値的には0.0%です





・40代なので入っていますが



10年後だと
まだまだ住宅ローンが残っていると思いますが



20年後だと
平均的な繰上返済をすれば
ほとんど残っていないか
完済している頃だと思います



団信は残っている住宅ローンの金額が
免除されるだけなので


単純に今なら
2,000万円以上おりるガン保険ですが


20年後なら繰上返済しなくても
1,000万円以下のガン保険という事になります


それでも途中から入ったり
一度抜けたら抜けたら再加入出来ないので


10年後の0.3%
20年後の2%のために入っていますが


確率論的には
50歳までに支払いおえる予定の
20歳~30歳位の人なら
3大疾病はいらないかもしれませんね


それでも宝くじが
当たる確率よりは何百倍も高いですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2018年12月24日


我が家の住宅ローンは
フラット35ですが


団信は
3大疾病タイプに入っています

生保a

今は(2017年10月以降~)団信に入る場合は


通常の団信で0.18%
3大疾病付は0.24%の
金利上乗せで入れますが


私が申込みをした時は
別途支払う形で


ちなみに次の団信で


3年目の支払いになりますが
年に1回払いで
11万円ほど支払います



団信で降りる金額は
住宅ローンが
チャラになるだけなので


住宅ローンの残高が毎年減るので


支払う団信も
毎年3,000円ほど下がっていきます



生保b

我が家の場合(2,104万円借入れ)ですが


20年目になれば
毎月5,000円で済みます





・生命保険は解約して大丈夫?


団信保険料は毎月に直すと
月10,000円近い金額なのですが


仮に私が死んだら


2,000万円以上の
支払いがチャラになるので


「これなら生命保険解約しても大丈夫かな?」って
話し合いをしましたが


住宅ローンがチャラになるだけで

家を売れば
ある程度のお金にはなりますが


家を売ってしまったら
次に住む所の家賃も出ますし


一度生命保険を解約したら

年齢的に再加入するのは
さらにお金もかかるので

解約は止めましたが


団信は毎月1万円の保険に新規加入するのと
同じようなものなので


ある程度の見直しをしました







・毎月保険に使える金額



まず平均的な生命保険の支払額は

生保c

男性の場合平均は
年間228,000円だそうです


なので毎月で計算すると
月19,000円です


年齢も40代だし
年収も丁度平均位なので


毎月2万円位が

無理の無い
保険に掛けれる金額だと思います



私も今までは生命保険に
毎月2万円ちょっと掛けてましたが


団信が月1万円なので


生命保険に掛けるお金も月1万円で
見直しをしました


生保d



ちなみに入っている会社は全労済です


見直した結果
生命保険と入院保険で毎月11,890円


年間にすると142,680円
団信が年間110,000円なので


合わせて252,680円


毎月あたりは21,056円と
平均より若干高いですが


まあどうにか支払える金額です






・仮に死んだ場合のシュミレーション



全労済の保険は


半分が死亡保障重視
もう半分が入院費、手術費用重視ですが


生保e



交通事故で亡くなった場合は2,000万円
病気で亡くなった場合は1,000万円入ります



これに会社の
福利厚生の保険で

働いている間は亡くなると
500万円入りますので



仮に私が死んだら


2,000万円分の家と
2,500万円(病死の場合は1,500万円)が入ります



これに子供が0歳と2歳なので
社保の遺族年金も毎月15万円は入るので


これだけあれば
子供が成人するまでは


問題無く生活出来ると思いますので


団信以外の保険は
毎月1万円位で充分だと思います






・長期入院で働けなくなった場合


計算すると困るのはこっちの方なので

いっそ私が亡くなるなら
ポックリいきたいのですが



フラット35が3大疾病タイプなので

ガン、脳卒中、心筋梗塞で倒れて
長期間働けなくなった場合は


住宅ローンは免除になります



そして入院費の保障が

生保f


3大疾病の場合は
入院費が日額10,000円


これに会社の福利厚生の保険で
5,000円あるので


日額15,000円になります


その後働けれるようになるまで回復すれば


住宅ローンの免除と
入院日額15,000円あるので


こちらも大丈夫かなと思います


他の病気で働けなくなった場合など
心配するとキリがないですが


確率論的に言えば
3大疾病を手厚くしておいた方が
いいかなと思います





・やはり生命保険は必要?



団信で住宅ローンが免除になるとはいえ


仮に売ってしまった場合は
住む場所を失うので


やはり生命保険は
別途必要かなと思います



家を買うと団信以外にも
固定資産税維持費などで
お金がかかるので


団信保険料も生命保険の一部と考えて
支払金額などの見直しをした方がいいと思います




勿論万が一の保障は多い方がいいのですが


保険の払い過ぎで生活が苦しくなったら
何のための保険か分からないので


もちろん収入次第ですが


団信分を保険の一部に組み込んで

今の生命保険の
見直しをするのはオススメです





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年12月21日



我が家は何も悩まず


階段a

リビング階段にしましたが



いくつかのブログで
リビング階段の
デメリットというのを見たのですが


実際に住んでみても


書いてあるデメリットに
当てはまらないので



特に子供が小さい家庭は
リビング階段にした方が
いいと思いますし


エアコン代などの
光熱費も


リビング階段の方が
お得なので


リビング階段で良かったという
理由を書いていきます






・まずは一般的に言われているメリット



①子供や家族と顔を合わすことが出来る


子供が1歳と2歳なので
リビング階段ではなくても

起きたら必ずリビングに来るので
顔は必ず合いますが


もう少し大きくなっても


起きた時、帰って来た時など
リビングを必ず通りますので


それだけ家族が
揃う機会が増えますし


中二階にあるスキップフロアと合わせて

2階にある子供部屋とも
コミュニケーションが取りやすくなります




②見た目が開放的になります

階段a-2

我が家は吹き抜けもありますが
吹き抜けが無くても


階段部分は天井が高いので
見た目の開放感が上がります


間取り的にも簡単に
吹き抜けが作れるようになりますし


開放感が欲しいという方には
絶対にオススメです



③2階との会話も簡単に出来ます

朝私が先に起きて
支度をしていると

2歳の子供が途中で起きて来て
(寝てる時も多いですが

「ぱぱー起きたー」と言ってきます



階段b

階段を子供が昇り降りしないように
1階、2階にゲートがあるのですが


リビング階段なので
起きたらすぐに分かります


もうちょっと大きなって
自分の部屋で遊ぶようになっても

「ご飯出来たよー」なども
会話出来ますので


2階とのコミュニケーションが
取りやすいです



④オシャレになるらしい?


このメリットも結構書かれていますが
多分オシャレになるのは

階段c

こういうスケルトン階段だと
思うのですが


これは私がダメなので
採用しませんでした

見に行った家ではcube系の家は
全部スケルトン階段でしたが


私の実家が平屋で
その後も賃貸アパートなどで

階段に慣れていなくて
スケルトン階段がダメでした


子供も小さいので危ないですし・・・






・一般的に言われているデメリット


①リビングが寒くなる


色んなブログのデメリットに
寒くなるって書かれていますが


これはもっと古い時代の
家だと思います・・・


今の家なら
普通の高気密、高断熱レベルの家でも
リビングが寒くなるこ事はありませんし



階段e

むしろリビング階段と吹き抜けで
リビングの暖房1台だけで


1階、2階全部暖まるので
光熱費も節約できます


我が家みたいなローコスト住宅でも
断熱性等級は4取れますし
吹き付け断熱も可能です


窓も今はローコスト住宅でも
ほぼ標準な位のサーモス2Hですが

これでも充分暖かいので


逆に
「リビング階段だと寒くなります」なんて言う
ハウスメーカーは
止めた方がいいと思います


もちろん北海道や東北だと
事情は異なると思いますが・・・



②プライバシーをたもつことが難しい

今の家は断熱性は高いですから
①の寒くなる事はほぼ無いので


結局デメリットというか
考え方はこのプライバシーに
なってくると思います


私は必ず顔を合わすのが
メリットだと思っていますが


反対に言えば
どんな時でも家族と
顔を合わせなくてはいけないので

これをデメリットと思う方もいます


子供も高校生位になると
顔を合わせたくないって思う
子供もいると思いますが


家族が仲良く便利に生活出来るアイテムが
新築の注文住宅なので


「顔を合わせなくてはいけない」なんて
思わないようにして欲しいですが


仮に私も2世帯同居だったりしたら


「リビング階段は嫌だなぁ」って
思ったかもしれないので

これは建てる人の考え方次第ですね


ただ寒くなるって事は
今の家なら無いと思うので


これだけで「リビング階段はちょっと・・・」
思っている方は今の家なら問題ないので


リビング階段にした方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング