2019年05月08日






今の子供は2歳を過ぎると

「ストライダーを買うという
イベントがあります


st


私が小さい頃には
こんな商品ありませんでしたが


多分昔の一輪車=今のストライダー
みたいな感覚でしょうか・・・


今はペダル無し自転車で
バランス感覚を覚えさせると
簡単に自転車に乗れるという事で



2歳くらいから
「そろそろ買おうかなぁ」
思ってたのですが


購入しないまま
3歳4ヶ月になってしまいました・・・



私「自転車欲しい?」


子「こわい・・・」


という感じだったのですが
最近やっと「欲しい」
言うようになりました





ちなみにですが

ストライダーa-2

(6,7年前の私です・・・)


私の趣味の中の1つに
自転車があって


その為に
パーツなど自転車は
自分で組めますし



自転車の安全性などは
普通の方よりは考慮していると思います



安い中国製のママチャリとか
溶接部分などを見ると
本当に危険ですから^^;






・ストライダーがNGな理由を考える



キックバイク=ストライダーという位に
一番売れている商品だと思いますが




クラシックモデルなら
10,000円ちょっとです



2歳位から乗れて
4歳になる頃に自転車に
移行すると思うのですが



ストライダーb


ご存知の方が多いですが
ストライダーはブレーキがありません



ちゃんと理由があって
ストライダーの公式サイトを見ると



1歳半~3歳の幼児にはブレーキレバーを握る握力は備わっていません。
つまりブレーキ操作ができません。
仮に握力が備わっていたとしても
「レバーを握る=止まる」という動作は
直感的操作ではないので
幼児にとっては非常に難しい操作となります。


という事らしいです


たしかに1歳半~2歳だと
ブレーキが握れないですし


その分軽くなるので
メリットもありますが



既に購入時期が
3歳4ヶ月なので


さらに自転車になれる為に
買おうとしているので


足で止める事を
覚えてしまうより


ブレーキ操作も
覚えさせたい年齢なので


ブレーキが付いている方が
いいなぁと思いました



また10,000円ちょっとのこのモデルだと


タイヤがEVA樹脂タイヤという
ウレタンタイヤになります
(ベビーカーと同じタイヤですね)


ストライダーc


このタイヤは
普通のゴムタイヤに比べて


軽量でノーパンクという
メリットがあるので
もの凄く軽いのですが



これも自転車に
スムーズに移行させるなら
ゴムタイヤの方が


乗っている間隔が
似ているので


・ブレーキ付き
・ゴムタイヤ


この2つが備わっている
キックバイクを購入しようとしました





・なんと新品で3,000円ちょっとからありますが・・・



「キックバイク ブレーキ付き」


ブレーキは付いてますし
車体重量も4キロと
割と軽いほうです
(ストライダーは2.9キロなのでもっと軽いです)


ネットの悪い評価は

・パーツが無かったとか
・付属の工具だと取り付けが大変とかなので


家にロードバイクがあるので
6角レンチもスパナもあるし


ロードの組み立てよりは
ずっと簡単でしょうから問題なさそうですが


1歳、2歳ならともかく
3歳ですとスピードも出ますし
自転車に慣れるというアイテムですから


何度も転ぶと思います


1万円の中国製ママチャリが
走行中に壊れたとかニュースでありますが


タイヤ、ブレーキ、フレームの剛性に
やはり不安を感じますので


この辺の商品は却下になりました



こちらも3,000円ちょっとで購入出来る
enkeeoというメーカー?です



実店舗で物を見れれば
いいのですが


どこにも売ってないので
安全性が不明な点と



何故か上記2つとも
ブレーキは付いてるのですが


ブレーキが右側なんですよね


ブレーキ感覚を覚えさせたいなら
左側がいいのですが・・・





・自転車界のユニクロ cbアサヒオリジナルモデルを検討する



じゃあ高ければ安全かと言うと
そもそもどこの製品かも分かりませんし



ちゃんとした評価をされているのが
ストライダーのみですから



これがママチャリなら
ブリジストンなら安心とか


ブレーキとスプロケはシマノ製だから
安心とか色々見えますが


キックバイクはそもそも
チェーンもペダルもありませんし(笑)



そんな時に見つけたのがこちら



全国に多数お店がある
サイクルベースあさひのオリジナルモデル
キッカーアバンスです



通常自転車屋さんというのは
ママチャリだとブリジストン
ロードやクロスバイクだとGIANTなど


作ってるメーカーの製品を売るだけですが


CBあさひはオリジナルモデルもあって
クロスバイクなども作っています


昔オリジナルのクロスバイク買いましたが
値段の割りにいい商品でしたし


キックバイクとはいえ
やはり自転車屋が作る方が
安心だと思ったので


こちらを購入しようとしました



ストライダーd

本来の目的である


「自転車にスムーズに移行される」
という目的で
自転車屋が作ってる商品ですから


ゴムタイヤだったり、ブレーキ付いてたり
私の希望に合います


これで値段も1万円ですから
割とお得商品だと思います








・キッカーアバンスを諦めた理由


近所にあさひがあるので
早速行ってきました

ストライダーe

下の9,980円が
ブレーキ付き、ゴムタイヤの
キッカーアバンス


上の6,980円は
ブレーキ無し、EVAタイヤの
キッカーです


こちら買うなら
ストライダーの方が軽いので
いいと思いますが・・・



自転車屋さんの店員さんですので
ベビー用品の店員さんよりも
当然知識があって詳しいのですが




店員さんと相談した結果
キッカーアバンスは止めた方がいいという話になりました



ストライダーf


現在3歳4ヶ月で
身長も90cmを超えている我が子には



12インチのこのモデルは結構小さく




サドルの高さ調整は出来ますが
最低31センチ、最高で40センチと
9センチしか調整出来ません



理想の高さまで上げると
既に7cmも上がってしまいますので


つまり残り2cm分しか余裕が無く



店員さんも
「乗れて半年だから勿体ないです」と・・・



ストライダーもサドルの調整は
30センチから40センチまでなので


どちらにしても
買うのが遅すぎましたね



かといって
14インチや16インチはまだちょっと大きいので



「今これ買うより
半年位待ってから
14インチ買ったほうがいいです」


という
正直に言う素晴らしい店員さんだったので



では半年後に
14インチ買いますという話で終わりました



ストライダーg

明らかに小さいですね・・・






・格安ストライダー発見



半年間とはいえ
「自転車にスムーズに乗れるようには
したいなぁ・・・」


でも半年間で10,000円は
高いなぁと思っていたところ



ストライダーh

なんとブックオフで
3,000円で売られていました




ストライダーi


しかしサビが凄い・・・



ボロいですが
半年したら14インチを購入しますから


今回はとりあえず
こちらを購入しました





・ストライダーが売れる理由が分かりました


購入して
早速公園に行きましたが
大喜びでした

ストライダーj

ここまで喜ぶなら
もっと早く買ってあげれば良かったです



初めてですから
当然どちらかの足が付いていますが


この日は1時間ほど遊んで
一度も転びませんでした


やはり軽いので
倒れそうになっても
元の位置に戻せます



「これは売れるよなぁ・・・」
思ってしまいました



足を上げ始めると何度か
転ぶと思いますが



その為に壊れない安心出来るメーカーとなると
現状ストライダーしかないという点と



ストライダーk

当たり前のように途中で
スベリ台などの遊具に行くので


当然ですが
親が持って移動しますし


駐車場から公園までは
親が運びます



その際に2.9キロという
圧倒的な軽さは非常に便利です



親は自転車に
スムーズに移行させたいと思いますが



考えたら
公園でしか乗れないので
デコボコ道は走らないので



ゴムタイヤじゃなくても
平気だなぁという点と


やはり軽さは正義という感じで
親も子供も楽ですし


やはり
売れてる商品は理由があるんだなぁと


もっと早く買ってあげればよかったです






・サビ取りしました



3,000円と安いとはいえ
見た瞬間に「ボロい」って思ったのに
購入したのは


ストライダーl


ピカールもあるし
研磨出来るものもあるので
家に帰ってさっそくサビ取りしました





ストライダーm

ピカールでちょっと
拭いただけでこのサビです



この辺が家になければ
新品買ったほうが
安上がりですけど


結構綺麗になったので
お得な買い物だったと思います




にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




2015年4月~16年3月生ランキング






2019年05月06日






過去の断熱材についての記事で


グラスウールは嫌なので
吹き付け断熱にした理由を
書いてきましたが



その時も書いてますが


性能はグラスウールでも
吹き付け断熱でも問題無く



施工がグラスウールは難しく
吹き付け断熱は簡単で


断熱材というのは
一切の隙間なく
施工しないと意味がないですから


その点で
全ての大工さんを信用出来ないという
理由で吹き付け断熱をオススメしています


グラスウールa


こちらはアクアフォームの製造元
日本アクア発表の数字です



熱伝導率は低いほど
性能が高いのですが


アクアフォームで0.036
グラスウール16kで0.045とあります


これだけ見ると
性能もアクアフォームの方が良さそうですが



グラスウールb



高性能グラスウールを使う方が多いですから


一番使用率が高い
高性能グラスウール16kだと0.038ですので


性能はアクアフォームとほぼ同じになります






・施工した大工さんは優秀だという意見を頂きましたが



仕事上、毎日たくさんの大工さんと会います


もちろん優秀な
大工さんもたくさんいますが


正直優秀ではない大工さんも
数人はいます・・・



中にはつい最近日本に来て
施工どころか言葉も分からない
外国人の大工さん見習いの方もいます



そして見習い、研修といった
システムが出来てない会社も多いので


正解が分からないまま
施工している方がいるのも事実です・・・





グラスウールc

ここまで空いていれば
施主さんも分かると思いますが


ほんの少しでも
隙間があってはいけません




グラスウールd

こちらは問題なさそうに見えますが


建材ダイジェストさん



こちらで90点の
施工と言われています・・・





性能的には問題ない商品ですから



間違いない施工
さらに現場監督がきちんとチェック


ここがちゃんと機能していれば
問題ありませんが




時間に追われいっぱいいっぱいの仕事
監督さんもいっぱいいっぱいで
チェックがおろそかになる



このような現場も当然出て来ます



このような状態で
ちゃんと施工したグラスウールと

同じ性能が簡単に施工出来る
吹き付け断熱は素晴らしい商品と言ってます





・優秀な大工がいるから大丈夫の問題点



「我が社は優秀な大工がいるから大丈夫」

結構これ言われるメーカーと
工務店さん多いのですが


例えばですけど
私が社外の人と話すのに



「私の部下は優秀じゃないので厳しい」
なんて会話はしませんし(笑)



色々問題はあっても
「優秀な部下」と社外で話す時には
言うと思います




一応大工さんにも資格があって

グラスウールd-2


建築大工技能士という資格があり
1級は実務7年という条件があるのですが


取っている方はほとんどいませんし
大工さんは資格が無くても
出来る仕事ですので



言葉だけ優秀と言われても
どこまで信じるかという問題になってしまいます



また優秀な人材でも
大工さんは離職率の多い業界です



私の職場に
産業廃棄物を持ってくる時に必須な
マニフェストという書類があります


グラスウールe



こちらに
自分の会社名、名前も書く欄があるのですが


先日まで違う工務店だった方が
転職してたり


ちょっと見ないなぁって思っていたら


「あいつ辞めたよ~」って言われたりが
結構多い業界です








・現場監督さんを信じるしかありませんが



大工さんが施工ミスをした場合


もしくは知識が無く
間違ってる施工が正しいと思い込んで


結局施工ミスになっている場合でも



現場監督さんが
正しくチェックして


ミスはやり直しすれば
問題はありません



もちろん断熱材以外も
全ての施工が大事なのですが



優秀でちゃんとした
施工が出来る大工さん


さらにミスなくチェック出来る監督さん


ミスがあった場合
やり直しが出来るスケジュールと予算を取れる
会社のシステム


こんな事を
お金を払う側のお客(施工主)が
心配しなくてはいけない業界も
おかしいと思うのですが・・・


その点吹き付けなら
そこまで心配しなくても済みますし


さらに性能は高性能グラスウールと同じ


という事で
私は吹き付け断熱を選びましたし
ブログでもオススメしています



吹き付け断熱の
施工業者も私の会社に来ますので
(自分の家を施工した方も来ます


特にアクアフォームの代理店さんとは
結構話をしますが



前に書いた過去記事
↓↓




もちろん吹き付け断熱でも
施工ミスが出る事はありますが


グラスウールに比べれば圧倒的に
少ないです



ホームセンターに行けば








グラスウールも
アクアフォームも購入出来ますので


自分で試すと
いかに吹き付け断熱が簡単か
分かると思います



Youtubeなどでも
両方の施工作業があるので
一度見る事をオススメします



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年05月03日






住んで2年以上経過しましたが
特に不満な点はなく


記事も満足いっているという
内容が多いのですが


当然ですが
妥協した点もたくさんあります

妥協a

元々住むなら
こういう南欧風の家が
欲しいなとは思っていましたが・・・





妥協b

色々妥協した結果
このようなどこにでもある外観になりました・・・




しかし今は満足してますので
どのように妥協したかと


限られた予算で変更したのかを
書いていきます





・まずは総予算3,000万円でスタートしました



年齢も40歳でしたので


出来たら60歳
遅くても65歳までに返済と考えると
返済期間は20~25年になります



当時の金利の1%で計算すると


頭金500万円出して
2,500万円を借りると


35年ローンで毎月70,000円
25年で返済すると毎月95,000円


これくらいが無理なく
払える金額だったので


上限を総額3,000万円で
スタートしました



この辺の相場ですが
安い建売住宅だと

妥協b-1

探せば2,000万円弱から





妥協b-2

セキスイハイムだと3,500万円位から
という相場の地域です



注文住宅にすると


土地の相場が
だいたい60坪前後で900万円位なので


家に掛けれるのは
2,100万円しかありません


一応MAXで
総額3,200万円位までは考えましたが



そうすると

妥協c



近くの住宅公園に
行っても



どうにか買える家は
26戸のうち6戸しかありません





・お金はないけどある程度の性能は欲しいです



解体業と廃棄物の処分業してますから
古い家はたくさん見ますし


大工さんの付き合いも多いですので


・長持ちするなら屋根は瓦
・施工を考えると吹き付け断熱
・さすがにアルミサッシはちょっと・・・


という性能の方向性が決まって



そうなると
妥協d

このような建売は
予算的には問題ないのですが



性能的に
「ちょっと無いな・・・」となりました



最初に見た建売も
アルミサッシにスレート屋根でしたし




見に行った中で一番外観が
気に入ったのがこちら

妥協e

実際に家を建てた場所の近くで


建売で全て込み
2,800万円ほどでしたが



見た目は気に入ったのですが


断熱材や屋根材などの性能を考えると
無理だったので


「これは注文で建てるしかないなぁ」という結論になりました





・格安土地のおかげで選択肢が広がる


本当にいい土地を見つけて
値段が相場より安い600万円でしたので



過去記事

↓↓↓




格安土地の為
家本体に使える金額が

2,400万円~2,600万円位になりました


この結果
i-smartなら一条工務店でも
ギリ建てれる予算になって


ここで他のハウスメーカーも
何件か見ましたが


やはり希望の外観で
ある程度の性能というのは


予算的に無理だったので



「家にいる時は自分は外観見れない」
という割り切りと



予算ギリギリのメーカーで
オプション諦めるよりも



ローコストで
好きなオプションを付ける方向になりました



この中で

標準で瓦屋根、吹き付け断熱
サーモス2Hを使っていて
値段は安かったレオハウスに決定しました


営業さんは売りにはしていませんでしたが
ダイライトとかタイベックシルバーとか


地味にいい部材使っていたのも
好印象でした








・予算が合わなければ捨ててる物を考えました


性能、間取り、外観で
このうち外観はほぼ捨てました


結果的に

妥協f

4メーカー、322種類
18mmのサイディングも選べましたので



ある程度の好みは反映出来ましたが


・南欧風のRの付いた壁
・天井まである高い窓と建具

この辺もここで諦めました


まあ嫁はこういった
南欧風の家が嫌いなので



予算があっても無理だったかも
しれませんが・・・




妥協g

南欧風好みの名残が
玄関に表れてます(笑)



結局土地代を抜いた総額が
2,150万円です


2,150万円の中に
ソファ、テーブルや
エアコン、カーテンも入っています



キッチンやカーテン選びなど
最初から予算に余裕がある状態で
作ったので


好きに選べましたから
ストレスも無く
諦める物も少なかったです






・結果的に諦めた物の一覧です



・南欧風の外観

これは家の中からは見えないので
諦めました(笑)


予算が無いなら
外よりは中にお金掛けましょう




・外張りとのW断熱など

結果的に私の住んでいる地域では
今の仕様で充分暖かいので
90mmの吹き付け断熱だけで大丈夫でした



・ALL樹脂サッシかサーモスX


ここが一番悩みましたが・・・

アルミは論外としても
アルミ樹脂複合の
サーモス2Hでいいのかなぁと


色々な大工さんにも聞きましたが
この地域なら大丈夫っぽかったので
サーモスのままにしました


実際に住んでいて問題無かったので
良かったです




・窓と建具を天井の高さ(250cm)に合わせたかった

妥協h

これは今思うと別にどうでもいいです(笑)


当然ですが230cmのハイドアですから
頭ぶつけることもありません



心残りなのは
浴槽を人工大理石にすれば
良かったかなぁと



後は毎回言ってますが

トイレの流すボタンが無い事です
(後付けも出来ません)

妥協i

納得してればいいんですが


まさかレバーだとは思わず
流すボタンが
あるものと思っていたので・・・



これは今でも変えれたら変えたい部分です