2019年09月06日





サイディングが普及して
20年ちょっとですが

今回は築30年のサイディング
さらに、ほぼノーメンテナンスという


劣化具合を見るには
貴重な建物がありました

30年a

こちらは今から解体するわけではなく
会社で所有しているアパートなのですが


数年前から誰も住んでいないので
そのままにしてあります


昔は寮として使っていたみたいですが・・・



その為劣化してても
何もしないので


どれくらい劣化するかを見るには
ある意味好都合かもしれません(笑)





・コーキングの劣化が凄い


サイディング本体よりも
コーキングの劣化の方が先に来るといいますが

30年b


今の高耐久シーリングだと
20年以上は持つとメーカーは言ってますが


まあ環境にも左右されるので
15年ほどでダメになる可能性もありますが



昔の一般的な性能の
シーリング材だと7~10年でひび割れの
劣化が始まります



そして30年間
打ち替え作業をしてない状態だと

30年c

かなりの隙間になります


このコーキングですが
建ててから10年ちょっとで
打ち増しはしていますが
それ以降は何もしていません




30年d

5ミリ以上は隙間があって


コーキングは
可塑剤が完全に抜けて
弾力性が一切無くなっていて
カチカチの状態になっています



建てて2年半の
我が家と比べてもしょうがないですが

30年e

見る限りは引渡し時と何も変わってない位に
綺麗さは保っています


30年f

コーキングも当然ですが
隙間もひび割れもありませんし
触っても弾力性がまだまだあります





・サイディング本体も劣化が結構あります


コーキングはボロボロですが
サイディング本体は


ボロボロってほどではないですが

30年g

結構塗装剥げが目立ちます



近くで見ると
ひび割れもありますが

30年h

30年前だと釘打ち工法しか
ありませんでしたが
(こちらはビス止めですけど


やはり釘打ちすると
そこからひび割れの原因になりますし


釘の部分を隠すのに塗装をしますが


サイディング本体と塗装面で
劣化具合が違うので


経年劣化で塗装部分が目立ってきています


昔は12ミリ~14ミリが釘打ち工法
15ミリ~16ミリが金具止め工法でしたが


今は最低が14ミリですので
14ミリのみ釘打ち工法で


厚みも18ミリサイディングもありますので


14ミリだけ釘打ち工法
15ミリ~18は金具止め工法ですから



最低でも15ミリ以上のサイディングを
選んだ方がいいです


30年i

釘打ち部分以外は
30年経過後でも
思ったほど劣化が無いですから


14ミリは止めたほうがいいと思います








・この建物ですが雨漏りしていません


サイディングのひび割れもありますし
コーキングの隙間は凄いですから


当然隙間から雨が入っていきますが
建物は雨漏りしていません


30年j

サイディングの奥には
タイベックシルバーなどの透湿防水遮熱シートが
ありますので


サイディングから雨漏りしても
防水シートで雨は防げます


ただ防水シートはタッカーという
ホッチキスみたいなもので留めますから


長期に同じ箇所が雨に降られると
木材まで浸透すると思いますし


そもそも防水シートの外に外壁材が
ある前提ですから


サイディングで雨漏りどんだけしても平気って
わけではないですが


少なくとも
建築中でまだ外壁が貼られてない時でも
防水シートの施工さえ終わってしまえば


木材に雨が浸透するような事はありません


ただ、この建物は誰も住んでいないので
このままですが


万が一木材まで雨漏りしたら
家がダメになりますし


さすがに見た目が悪すぎるので
補修工事した方がいいレベルですね


サイディングは15ミリ以上にして
なるべく高耐久シーリングを使って


15年程したら打ち替え出来る予算を
貯めておくことが大事です




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年09月05日





最近の家では
当たり前のようについている
「ウォークインクローゼット」です


wic-a

我が家もついてます



後述しますが
明らかに必要な目的がないと
結構無駄なスペースになります




さらには
ウォークスルークローゼットなんてのもあります

wic-b






上級者向きの魅せる収納になるので



片付け上手な人でないと
作っちゃダメな奴ですね・・・


女性の方だと
結構憧れのスペースだったりしますが



男性の方だと


なんとなく
「広くて服収納するところでしょ?」って
思っている方もいると思います



実際私も
「ウォークインって何?」って思っていました






・よく考えないと無駄になる「ウォークインスペース」



こちらが我が家の2階にある


ウォークインクローゼットと
子供部屋のクローゼットです

wic-c

クローゼットの意味は分かると思いますが


名前の通り


ウォークでイン出来るクローゼットですから
歩くスペースがあるクローゼットです

wic-d

(手前が私で奥が妻用と分けてあります)



当然ですが
歩くスペースがあるので


通常のクローゼットより
幅をとります



仮に子供部屋の
クローゼットを



将来子供が
「私もウォークインクローゼットが欲しい」と言ったら

wic-e

このようになります



歩くスペースが必要な分
当然ですが家が狭くなります






・要らない家庭だってあるんです



オシャレな名前だから
なんとなく必要っぽいんですが


簡単に言えば
収納部屋ですから




我が家が家を建てる前の
賃貸アパート
wic-f
この4畳半の部屋に
服とか色々収納していたので



築30年以上のアパートなんで
ただの和室ですけど


ウォークインクローゼットです


なので
オシャレな名前に騙されないで


広い収納部屋って事ですから



他に衣類収納などの
スペースが充分あれば要らないわけです



ちょっと前に流行った
断捨離とかありますが


家を大きくする発想じゃなくて
物を少なくすれば



ウォークインクローゼットじゃなくて
普通のクローゼットでも
足りるようになるかもしれません




我が家の
ウォークインクローゼットは3畳ありますが

そのうち3分の1は「ウォーク」の部分で
取られているので



クローゼットは約2畳です



wic-g

ちょっと我が家の今の間取りでは
有効活用出来ませんが


広いから
「ウォークイン」しないと届かない訳ですから



ちょっとクローゼットを狭くすれば
ウォークの部分が要らなくなるので



かなりのスペースが節約出来ます









・もちろんメリットも色々あります



割と「必要ないんじゃない?」みたいな感じに書きましたが


我が家には
ウォークインクローゼットはあります



何故かと言えば


妻がアパレルメーカー勤務なので
服がかなり多いのと



私も服は好きなので
結構数があるからなのですが



クローゼット内で
着替えも出来て


しかも妻の場合は
その日のコーディネートを決めるのも
仕事のうちですから



全身鏡も置けますし
ここでアイロンがけも可能です

wic-d

その際に
散らかりがちな衣類収納周りが
別室になるので


寝室は綺麗ですし


めったに使わない旅行カバンなども
こちらに収納出来ますし


まだ子供が小さいので問題ないですが


色々と子供に見せたくないものなども
ありますので



夫婦の衣類収納兼物置として
考えると便利だと思います






・まとめると



必要、あった方がいい家庭


・衣類や荷物が多い人
・2階に他にこれといって収納が無い人



この場合は
ウィークインクローゼットは非常に便利ですが



・衣類や荷物が少ない人


この場合寝室にクローゼットを付けて
解決する場合もありますし


・他に家族共用の収納部屋などがある


こういった場合は
それほど使わない可能性も多いです


もちろん予算と広さが充分にあれば
設置してもいいですが


ちょっと厳しくて
それほど収納なくても大丈夫なら


ちょっといじって
普通のクローゼットにすれば
1~2畳は小さくする事も可能です





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年09月04日





我が家では新築の引っ越しの際に
購入していない家電もたくさんあって


冷蔵庫a

電子レンジ
ちょうど今年で10年目になりますが
元気に動いています


炊飯ジャーは義弟から
結婚祝いで貰って


オーブントースター
株主優待で貰ったもの・・・


という感じでほとんど
前のアパートから使っていた物です



そして冷蔵庫も10年前に買ったので

冷蔵庫b

こちらも2009年製なので
10年目なのですが



先日、自動製氷が壊れてしまって

冷蔵庫c

自動製氷が動かないので
水入れるとこに味噌入れてます


冷蔵庫d

日立のサイトで調べると


400ℓの自動製氷器故障は
15,000円~30,000円の修理費
プラス出張料という事で



下手すると40,000円ほど
かかってしまいます




「とりええず製氷機あれば
困らないし・・・」
と思っていたのですが

冷蔵庫e

夏になって氷の使用量が増えてきたので



製氷機を3つ使うと
他の冷凍食品のスペースが無くなります






・もしかして家以上に進化してる?


自動製氷以外は
問題無く動いているのですが


「まあ10年目だし買い替えも検討しよう」
ネットを見ると


冷蔵庫f

なんと10年前と同じ容量で
年間12,000円も安く・・・



という事は毎月1,000円安くなるわけですから
結構違ってきます



私は電気代を節約するという考えは一切なく
その分快適な暮らしをしたいと思っていますから

冷蔵庫g

毎日動かすと月1,000円ほどかかる
生ゴミ処理機を筆頭に


ストレートアイロンも電気代かかりますし
デスクトップPCも毎回シャットダウンは面倒なので
割と起動しっぱなしなど


快適な暮らし>>電気代という性格ですが



それでも月1,000円は大きいですから
ちょっと本気で買い替えを検討します





・そこまでお得じゃなかった件・・・



住宅に占める電気代というのがあって


冷蔵庫h



エアコンの方が消費電力高いですが


1年で考えると
夏と冬の2ヶ月づつ位しか使いませんから
(寒い地域はまた別だと思いますが



そう考えると
24時間365日動いている
冷蔵庫が一番電気代がかかっている家電になります


エアコンは新築時に一番高い物を
妻が買いましたし(笑)


照明は全部LEDですし



そう考えると
1番電気代がかかる冷蔵庫こそ
買い替えだと盛り上がっていると


冷蔵庫i


こちらのサイトでは
同じ10年前の比較でも
年間4,000円節約となってます


4,000円だと毎月333円の差ですから
そこまで変わりません・・・


「随分サイトに寄って差があるなぁ」と調べると


冷蔵庫j



2007年あたりに
一気に省エネ化が始まってますから



2004年製と2014年製を比べると
年間10,000円以上の差が出ますが


2009年製と2019年製だと
そこまで差がある訳では無さそうです







今使っている冷蔵庫は
日立のR-S42ZMという機種で


冷蔵庫k


当時の価格コムのスコア4.75という
高評価です



購入時は一番の省エネタイプで
価格もかなり高かったのですが



冷蔵庫L

年間消費電力280kwとあります




そして現行品で同じ日立の幅60cmで
一番高い商品R-S40Jだと


冷蔵庫m

年間消費電力274kw・・・




まさか6kwしか変わらないなんて事は
おかしいと思ったのですが

冷蔵庫n

なんと2015年から
測定方法が変わってました・・・


という事で正確な数値は
既に比較さえ出来ませんが


旧測定方法で280kwだと
今の測定方法では
420kw前後になるという事なので



今の最新冷蔵庫とは
140kwの差がありますから


深夜電力は無視して昼の料金
1kwあたり27円で計算すると

冷蔵庫o
年間3,780円
毎月315円安くなるという結果になりました

・・・・
・・・
・・



10年前の冷蔵庫でも
思ったほど安くなりませんね


2007年あたりから
急に省エネ技術が進んだので


2006年より前の冷蔵庫を持っている方なら
引越しの際に買い替えた方が絶対に
お得だと思いますが


年間3,780円だと
すぐに買い替えとは思えないですね


まあ製氷機を有料で直す位なら
買い替えしようと思っていますが


夏に冷蔵庫の買い替えは
中身の入れ替えが大変そうですし



冬のボーナスまで待とうかなぁと思います・・・





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村