2019年03月04日





住んで2年経過したので

我が家にも2年の定期点検が来ます



過去の定期点検の記事はこちら












今は定期点検の期間が変わっていますが
我が家が契約した当時だと


・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・5年
・10年

というスケジュールになります



2年a

1年点検は
合計3回ほど訪問に来たので
結局書いてないままでした





2年b



こちらが現在契約した人の
スケジュールです



残念なら1回減っていて
1ヶ月点検が3か月点検になっていて
なんと1年点検がありません





・2年点検が一番大事な理由


もちろん毎回定期点検は大事なのですが


我が家みたいに
特に住んでいて問題が無い場合でも


2年c

このように
住宅関連の保証は
2年で切れるものが非常に多いです


もちろん明らかなミス等あれば
2年経過しても交換などは
してもらえると思いますが・・・



2年d

下地材や造作材の反り
軽度なひび割れなどなど


ちょっとした事でも
2年間なら保証がありますが


それ以上経つと
経年劣化もありますし

あきらかな不具合が出ないと
保証されません


2年e

その為にも
定期点検の項目は


あらかじめ自分でも
チェックした方がいいと思います


なにしろ次の定期点検は
5年点検なので


3年間も空いてしまいます








・そして2年点検のメイン「壁紙の隙間補修」


1年点検の際に補修する方も
いると思いますが


我が家の場合は
1年ではそれほど目立ってなく




1年点検の記事の時でも


2年f



木材の収縮は
1~2年間あるので

「では2年点検の時に全部お願いします」

という話で何もして無かったので

あらかじめ
家中をチェックします


1年点検の時は
2年f-2

謎の汚れがサッシに複数でたり





2年f-3

クロスの張替えを行ったり


結局3回来て頂いて
全部終わったのが6月だったので

「半年経ったら2年点検だし・・・」


という事で2年点検時に
全部隙間の補修をしてもらいます




2年g

こちらは玄関ですが
かなり隙間が空いてます




2年h

こちらはリビングです

玄関ほどではありませんが


拡大すると


2年i

結構隙間が出ていますね


こちらも2年点検で全部しないと
ダメなので


2年点検時は
工務さんが来る前のチェックが大事です


隙間補修といっても
クロスを張り替えるなどは無くて

コーキング剤で補修するだけなので
自分でも出来ますが

慣れている工務さんに
してもらった方がいいですし


何しろ保証内ですから
もちろん無料です



2年j

壁紙以外にも
こういった部分の「浮き」なども
2年経つと出て来ます


その他にも
工務さんが点検に来る前に
修繕して欲しい箇所は全てチェックします



実際の点検と補修作業は
次回に続きます


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2019年03月01日





「高断熱 光熱費」で検索すると


たくさんの高断熱、高気密が得意の
メーカー、工務店のwebサイトが出て来て



今の家は光熱費が安いから
建設費は高くても


最終的にはお得という
ページがたくさんあります


光熱費a


この試算だと

35年間で
2,835,000円お得になるので


高断熱、高気密住宅のがいいですよ
という計算ですが


たしかにそうなのですが・・・






・比較の住宅が古いので・・・


35年間で
2,835,000円お得になる試算は


1つが昭和55年の省エネ基準
もう1つが平成28年の省エネ基準です


37年前の省エネ基準ですから
これ位の差は当然出ると思うのですが


例えば


今新築で売っている
総額2,000万円位の建売住宅と


我が家みたいな
最新の省エネ基準は超えてるけど
ローコストな家と


Q値0.5以下の物凄い
高断熱、高気密の家で


どれがコスパが高いのか
考えると


光熱費b


アルミサッシを使うような
超ローコストな家でも


今の家は

平成4年の省エネ基準は
あるでしょうから



平成4年の基準と
平成28年の基準では


35年間の光熱費の差は
130万円ほどになります


地域にもよりますが
私の住んでいる所なら


夏に2~3ヶ月
冬にも2~3ヶ月は
エアコンを使用しますが


逆に言えば半分は
使わなくても平気です


そして住宅の価格差は
130万円以上あるわけですから


コスパだけで考えたら


光熱費c



アイダ設計とかパパまるハウスの
安いプラン


レオハウスも
今もあるか分かりませんが


我が家が購入した
大人気の家Dセレクトよりも


300万円ほど安い
大人気の家バリューというのが
ありました


300万円の違いは

35年間では絶対に
光熱費だけでは元は取れません





・なのでコスパで比較は止めた方がいいかも


光熱費だけを比べてると
絶対に建設費の元は取れないので


どうやっても
安い家の方が良くなってしまうのですが


当然高断熱、高気密の方が
住んでいて快適ですし



さすがに今の家なら
ヒートショックで突然死なんて
気温差は無いと思いますが


高気密住宅の方が
家の気温差が全然無いので


快適さという面では
全然変わってくると思います


以前見学をした

我が家よりもずっと安い
超ローコストなメーカー



詳細は過去記事





こちらのメーカーで比較すると


光熱費d


光熱費に直結する
断熱材や窓サッシ以外にも


当然色々変わってきます








・光熱費比較のエアコンがおかしいような・・・


出せる予算も人それぞれですから


私だって宝くじでも
当たっていたら


三井ホームの家を
買ったかもしれませんし(笑)


家はコスパだけで
比較するものでも無いのですが


「高断熱の方が
光熱費の差でお得ですよ」って


メーカーのサイトが凄い多いんで
気になって計算したのですが(笑)


住宅は

古い基準(昭和55年)と
新しい基準(平成28年)で計算してるのに


エアコンは同じものという計算なので
おかしいなぁと思います


光熱費e


当然エアコンも性能が
上がっています



光熱費f


1995年から2005年の20年間で
40%も省エネになっています


最近はこれ以上の
省エネが難しいのか

ペースが落ちていますが


我が家は
エアコンだけはいい奴を買いましたから


光熱費g



2010年の基準値から
133%省エネされています



なので光熱費の比較だけで
コスパを計算すると


家を建て替えしないで
エアコン買い替えるのが
一番お得という計算になってしまいますが


今は夏、冬など気温が厳しい季節でも
本当に快適なので


コスパだけ考えずに
高断熱、高気密にするのがオススメです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2019年02月26日





我が家の家の総予算は

5000-a


これに色々追加されて


詳細は過去記事




かかった費用は
外構費を抜くと
2,750万円ほどでした


土地代抜いたら
2,000万円ちょっとですので


まさにローコストって感じですが



土地と建物の合計金額の平均が
注文住宅の場合は


5000-b




首都圏で4,652万円

全国平均で3,955万円だそうです



一応山梨県も首都圏なのですが(笑)
土地代考えたら
全国平均の方が近いと思います




5000-c


たしかに売上を見ると

4,000万円位のメーカーが多く


もっと価格の高い
ヘーベルハウスが4位で


ローコストで一番有名な
タマホームで売上は10位なので


全国平均はそれくらいかなぁと
思います





・どうやって5,000万円の家を買うのか・・・


我が家は共働きで
世帯収入は800万円ほどです


山梨県だと
ちょうど平均位の世帯年収ですが



4,000万円とか5,000万円の家は
買えません・・・


ちなみに住宅ローン以外は
借金などはありませんが


ホームズの
年収別物件価格というのがあって

5000-c-2



一応我が家も
4,100万円の家が


普通なら無理せず買えるそうです


平均的な収入があって
何故平均的な家が買えないのか


買ったらどうなったか考えると・・・





・一応ローンは借りれますが


他の平均的な価格のメーカーと
話をしていた時に


この収入でも4,000万円とか普通に
借りれるそうなので




5,000万円の内

1,000万円が頭金
4,000万円をローンで考えると


私の契約時は
フラット35Sで最初の10年は
金利が0.8%ですので


これで4,000万円を借りた場合


5000-e

毎月 109,224円




10年経ったら
優遇金利が無くなって1.1%になるので


5000-f


毎月114,788円です







実際に今払っているのが

フラット35で2,106万円
アルヒフラットαで234万円



合計2,340万円借りていて


5000-g






フラット35の支払いが


5000-h


フラット35が毎月57,507円






5000-i


フラットαは8,428円ですが

こちらは繰上返済結構したため
残り11年で終わります


比較すると4,000万円借りたら
現状で43,000円以上支払いが増えます



毎月使う額は
家庭によって違うので


もちろん
「これくらいなら平気」って方もいますが



私はちょっと無理です・・・






・平均的な家が買えなかった理由



理論上ですが
平均的な収入があれば


平均的な家も買えそうですが


無理な理由は
年齢と子供です


家を購入したのが40歳ですから


35年間繰上返済しなければ
75歳までかかってしまいます


さすがに65歳までには
払い終えないと行けませんので


最低でも
10年間以上の繰上が必要です




さらに子供も40代で
2人生まれましたので



一番お金がかかる
大学生あたりで

親は定年ですので


繰上の貯金と
子供の貯金が必要ですから


家にかけれるお金が
そこまでありません



このように
収入は同じでも


使える額は
各家庭当然違うので


いくらまで借りれるか?ではなくて


いくらなら無理せず支払いが出来るかを考えて


さらに今は大丈夫でも
将来厳しくなるような予定(子供など)も
考えて購入した方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング