2019年10月07日





先日、うちの会社と
取引がある工務店さんが倒産しました


こうなると売掛金の回収とか
色々大変なのですが
(そこまでの金額ではないですが)



自分の建てた工務店、メーカーが倒産したら
もっと困ってしまいます



余程の欠陥などがなければ


建てて10年は平気だと思いますし
新築だと10年間は瑕疵保証もあります



我が家の10年点検は
まだ7年以上先ですけど
(その前に5年点検もありますが)




ちょっと思いつくだけでも
10年目になると



・屋根のチェック

・屋根の通気層のチェック

・ベランダのFRPと防水層のチェック

・サイディングのコーキングのチェック

・サッシ類のコーキングのチェック

・基礎の木材チェック



などなど家の外側だけでも
10年経つと色々と点検項目が出てきますから


最低限家を建てたメーカーや工務店が
10年以内に潰れたら困ってしまいます



私の会社は大きなハウスメーカーから
小さな工務店まで
色々と建材等を廃棄にきますが



みなさん掛けで代金を請求しますから
倒産や金融事故などは敏感になりますし


実際小さい工務店レベルまで含めれば
毎月どこかは倒産しています






・過去の大きな倒産



こちらは10年前に倒産した富士ハウスの記事です

倒産a

支店が78店
住宅展示場には144ヶ所も出店していたので


かなり大きなニュースになりました



その他アーバンエステートなどの
上場まではしていないけど


割と大手のメーカーだと
倒産したら全国ニュースになりますが



年間10棟ほどの工務店だと
地方紙や地方ニュースに出る位ですが


山梨県という田舎の規模でも
毎月必ず倒産している工務店はあります



こういった仕事をしていれば
それこそ会社で、調べたい会社の
財務状況などはチェック出来ますが



普通の個人の方が
簡単にチェック出来ると言ったら

倒産b

(こちらはレオハウスの親会社ナックのIR)


上場企業なら簡単に調べられます



レオハウス、タマホームや
積水ハウスなどは

上場企業ですから


全ての財務を公開する義務があるので
簡単に分かります






・ありえない支払方法が出た時点で絶対に止める



注文住宅で一番多い支払い方法は



・契約金(契約時)


まずは契約金を支払います
レオハウスの場合は50万円でした



その後工事開始となって

・着手金(我が家は480万円)
・中間金(我が家は700万円)
・最終金(残りの金額)



このように通常は3回に分けて支払います



過去に倒産した
富士ハウスやアーバンエステート


去年倒産した山梨の
そこそこな規模の工務店も


例えば総額が1,800万円の時に

通常の支払いなら

工事着手時に3分の1  600万円
中間(上棟時)に3分の1 600万円
完成引き渡し時に3分の1 600万円



このような支払いですが


倒産c


着手時に全額もしくは多めに支払いすれば
割引があったそうです



どんなに営業さんが理由を言っても
こうなると会社として末期ですので


このようなメーカーは
絶対に辞めたほうがいいです




また現在では

倒産d
住宅完成保証制度もありますが


こちらに加盟してないメーカー、工務店だと
保証されませんし


保証の上限金も
各メーカー、工務店が出資している金額が
上限なので


全額補償される訳ではありません





・かなりの件数が倒産しています



年間1棟以上を作る小規模な工務店を含めると
全国で工務店は70,000社もあって


年間で3,000社の工務店が倒産しています



もちろん
「ちゃんとした」計画倒産で



例えば個人や家族で経営していて
高齢化のために引退したい
でも引き継ぐ人がいない会社などは



新規受注は請け負わないで
引継ぎもちゃんとして
倒産する会社もあります


そういった数も含まれますから
実際に被害に合う数は3,000社より少ないですが


メンテナンスを考えると
最低10年


出来れば20年


本音を言えば30年以上は
自分の作った家のメーカー、工務店は
倒産して欲しくないですね








・急な設備の変更、工期の変更も危ないです


最初からローコストの工務店で
「うちは設備は1メーカーに絞ってるから安い」とか
理由があればいいですが


3メーカーから選択が
「急に〇〇のメーカーは選べなくなりました」というのは


取引停止の可能性も
ありますので注意が必要です


もちろん仕入れ価格が上がりすぎて
取引を自分からやめる可能性もありますが


財務が良くない会社は
我が社もそうですが


一般のお客様より
取引業者の方が敏感です



また、割と末期になると

従業員、下請けの大工も逃げます


天候、気象の関係で工期が遅れるのは
問題ありませんが


特別な理由もなく


急に着工が1~2ヶ月遅れるとか
これも割と危険なサインです





・不安なら都道府県庁や帝国データバンクも個人利用可能です



建設業の許可を受けている会社は


建設業法に基づいて
会社の情報を公開しています


そして、その情報は
個人でも閲覧出来ます



例えば山梨県の建設業なら

倒産e

このように県庁に行けば閲覧可能です



この閲覧データには

・年間の施工した棟数
・受注金額


これ以外にも

・貸借対照表
・損益計算書


このような会社の経営状況が分かるデータが閲覧出来ます




家からデータを見たいという事なら


帝国データバンクは
通常個人利用出来ませんが


倒産f



このように帝国データバンクのデータを
個人で閲覧出来るサイトもあります


@niftyビジネスの場合は
1件1,600円で可能です






・大手は倒産せずに合併で生き残れる?


上場レベルの会社になると
なかなか倒産しません
(簡単に倒産したら怖いですが・・・)



バブルが崩壊した際に
ハウスメーカーもかなり負債を背負いましたが


その中でミサワホームは
2004年に産業再生機構から
支援を受けるようになりましたが


今はトヨタホームの子会社になっていて
来年はさらにパナソニックホームズと合併します


倒産g


人口が減っている中
どんどん新規住宅着工件数も減る予想なので


どのメーカーもシェアを取りたいですから
現状すでに一定のシェアがある企業なら


合併、子会社して生き残りが出来る可能性が高いです


ただ、子会社した場合
定期点検とかちょっと心配ですけどね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年10月04日





いくつかメーカーや工務店と話をして
「ここで建てたい」というメーカーが決まって



色々と打ち合せをして




予算がオーバーした場合の対処法です


メーカーa




メーカーb

この2メーカーを比較する人は
少ないと思いますが


同じ住宅展示場で
同じ大きさの家を建てても


1,000万円以上も違う
メーカーがたくさんあります






・まずは絶対にしてはいけない事


予算オーバーの対処法は
いくつかありますが



1つだけ絶対にしてはいけないのは

予算の増額です



例えば支払える建物金額が
3,000万円だったとして


希望のメーカーが4,000万円なら
最初から諦めもつくでしょうけど
(これで諦めないのが一番やばいんですが




これが300万円~500万円オーバー位の場合
結構「どうにかなる」って契約する方も多いと思いますが


メーカーc

今の低金利時代だと
100万円の増額は
「35年固定の金利1%」で毎月2,800円ほどの増額です



なので300万円だと毎月8,500円の増額なので
「どうにかなる」って思う方も多いのですが



35年間の支払いですから
もう少し冷静になったほうがいいです



回数にして420回


利息を含めれば
約360万円の増額です


特にメーカー、工務店などは
売れてほしい訳ですから


営業さんも
「どうにかなりますよ」としかいいませんから



予算の増額だけは慎重に計算して
「余裕を持った支払い」を心がけたほうがいいです






・減額の王道その1「家を小さくする」



やはり一番手っ取り早い
予算オーバーの対処法は
間取りの変更です



1坪=約2畳ですから




仮に坪単価が50万円としたら
6坪=約12畳減らせば300万円の減額です

メーカーd

こちらが我が家の1階の間取りです




メーカーe

こちらが2階です


単純に


玄関1畳
リビング2畳

1階はこれで3畳減るので


2階はベランダを小さくして
WICと夫婦寝室を減らせば


6畳くらいは簡単に
どうにかなるかもしれません


我が家の場合は
これにスキップフロアと
吹き抜けの部分も減らせば12畳減ります



ほとんどの方は
新築で建てる家の間取りに比べたら
小さい賃貸などに住んでいると思いますから



特に子供もある程度大きい
もしくは子供がいない家庭で


将来家族の人数が変わる予定がなければ
こちらが一番だと思います



設備とかオプションを細々と減らしていっても
そうそう300万円とかは減らせませんし



家が小さい方が当然
光熱費も下がります






・家を小さくするのに向かない家庭


減らしてもいい家庭の逆で


家族の人数が変わる予定がある場合は
簡単に間取りを小さくしない方がいいです



我が家は
「子供は出来たら2人目が欲しい」なんて
思ってはいましたが


まさか43歳で
出産できるとは思いませんでしたが


夫婦と子供1人なら
かなり余裕のある家でしたが




現在3歳と1歳で遊んでいると

メーカーf




20.75畳のLDKと3畳のスキップフロアでも
余裕はありません



メーカーg

まだ自分の部屋にオモチャを置く年齢では無いですから
リビングが狭くなります


せっかく高いお金を出して
家を建てたのに


賃貸時代と同じ悩み
「この家狭い」でイライラしたら
勿体ないですね






・減額の王道2「メーカーを変える」


我が家のパターンはこちらですね


子供も小さいのである程度の大きさは欲しいし
ある程度の性能は欲しいけど


予算が無いというなら


ローコストメーカーにすれば
金額の問題はある程度解消出来ます



ローコストでも注文住宅なら

メーカーh


部材、設備などは全部決めれるわけですから



希望していた予算オーバーのメーカーと
同じ性能、同じ間取りで見積りを貰えば


いわゆる積水ハウスなどのメーカーに比べたら
1,000万円は下がります



もちろん
「鉄骨がいい」って言うなら
ヘーベルハウスやセキスイなどの
高いメーカーしか無いですし



いくつかは
そのメーカーでしか出来ない事もありますが



全部無垢材がいいとか
高気密、高断熱がいいっていうなら
どのメーカーでもある程度は可能です
(もちろん予算が上がりますけど)




「ローコストは施工が不安」という方も多いですが


我が家の場合は
私は解体業ですし義父も建設業ですから
チェックは自分ですればいいですし



身内に建設関係がいないというなら

メーカーi
(我が家も2回ほど修正箇所がありました)



ブログなりツイッターで建設途中の家を
発信、質問していけば
割と解決していきます


ローコストに限らす


よく引き渡し後に
〇〇の施工が違うという
クレーム系のブログがありますが


毎日は難しいですが
週1回でも施工の現場を見にいって
確認すれば解決出来る問題です



数千万円もする買い物ですから



不安点はなんでも
工務さんに問合せをした方がいいですし



何かあった時にスムーズに解決出来るように
営業さん、工務さんの相性は大事です



ツイッターなどで

「うちなら大手メーカーよりもっと安く
同じ家を建てれるのに・・・」

とか


「なんで大手メーカー選ぶかなぁ・・・」という
ツイートをする工務店さんなどがいますが


「それは貴方の広告、宣伝努力が足りないんです」
言いたいところですが


実際探せばメーカーより同じ性能で
安い工務店はたくさんありますから


「俺は〇〇ハウスで建てるために
一生懸命働いてきたんだ」


って位の思い込みがあるなら別ですが


それ以外ならメーカーの
変更も視野に入れてはどうでしょうか?








・性能、設備の減額はオススメできません


ちょっとの減額なら可能ですが


100万円単位を設備で減らしたら
住んでから満足しないと思いますし



性能に関しても
ある程度の知識を得ても


そこまでの減額は厳しいと思います


例えば私の住んでいる甲府市なんかでは
トリプル窓とか要りませんが


まさかアルミのシングルってわけにもいきませんから



サーモスXとサーモスⅡHの差は
当時で50万円でしたし

メーカーh


第一種換気から第三種へ -50万円
瓦からコロニアルへ -30万円
サイディングを15mm 10年保証タイプへ -20万円


多分これくらいで100万円ほど
下がると思いますが



サイディングは15年保証が良かったですし
コーキングも高耐久の方が


結局は将来のメンテコストが下がりますし



屋根も瓦が一番長持ちしますから



スレートは将来のメンテ費用がかかりますし
ガルバは断熱性能が無いのと
雨がうるさいなど
まあ瓦しか無いなぁと思ってましたので


この辺で減額はオススメ出来ません




ですので可能な
部分なら家を小さくして



家族人数や環境で
これ以上小さくするのは不安なら
メーカーを変えるのがいいと思います





◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年10月02日





3歳過ぎの子供用オモチャ収納に
是非オススメなのが

ニトリa

ニトリの収納ボックス「カラボ」です


カラボも色々と種類があるのですが
今回購入したA4ワイド


3歳以降の子供には「ピッタリ」
収納アイテムで本当にオススメです



A4サイズとノーマルサイズでは
子供用として使う時に
全然変わってきますので
絶対にA4サイズがオススメです





・よく売っているオモチャ収納では3歳以降はキツイんです・・・



子供が1歳すぎた時に
購入したオモチャ収納がこちらです

ニトリb

よく売っているタイプの
オモチャ入れがナナメになっている商品ですが



3歳をすぎると
オモチャも高度な物になって
色々と大きなオモチャも増えます

ニトリc

オモチャが大きいと
ナナメになっている分
このようにすぐにはみ出してしまいます




ニトリd

下の子と共有でしたが
棚以上のオモチャ類になってきたので


この棚を1歳の妹に譲って
3歳のお兄ちゃん用の棚を新たに購入します





・おもちゃ用収納なら絶対にA4サイズがオススメです



収納ボックスの「カラボ」シリーズもたくさんあって

ニトリe

一番安い2段のノーマルタイプは
何と833円からありますが



オススメするのが
ニトリf
こちらのA4タイプです



通常の物と何が違うかと言うと

ニトリf2

こちらがノーマルサイズ


今回オモチャの量が多いので
ワイドサイズにしましたが


これだと幅61cmで
高さが59cmです



一方のA4サイズは

ニトリf3

幅は同じく61cmですが
高さは72cmと
ノーマルサイズより13cm高くなります




この違いがどうなるかと言うと

ニトリf4
こちらがノーマルサイズに
収納ボックスを入れた場合です
(画像は3段タイプです)




私が購入したA4サイズの場合は
各棚に2マス分の余裕が出来るので
ニトリg

まず下段の深型ボックスの下に
パズルや文字遊びなどの
平べったい物が収納出来ます



そして上の段は
ニトリj

浅型を2つ使ってますが
1マスづつ空きが出来るので



斜めから入っている物が見えるようになります

ニトリk

引き出さなくても入っている物が分かるので
小さい子供用には絶対にA4サイズがオススメです








・とにかく安いんです



今回購入したのは

ニトリL

・ワイドのA4サイズ2段を2つ
・深型収納ボックス2つ
・浅型収納ボックス4つ
・引き出しレール6つ


これだけ購入して

ニトリL-2

このようになります



これだけ購入して合計金額が

ニトリm

なんと7,572円です



本来の用途はA4サイズは
A4の書類が上下段とも収納出来ますという
大人向きの商品なのですが


オモチャ収納にもピッタリです



にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




2015年4月~16年3月生ランキング