2019年06月14日





我が家お気に入りのキッチン


タカラスタンダード
グランディアのレンジフードです

フードa

今まで整流板は掃除してたのですが
中のファンは2年以上一度も清掃しておらず


今回初めて掃除しました・・・





・お手入れランプもありますが・・・


レンジフードを使っていると
お手入れサインというのが点灯します

フードb

こちらは汚れてきたら点灯するような
凄いシステムではなくて


初期設定だと30日経過すると
点灯します
(設定で60日に変更も出来ます)


整流板は月1回は
清掃してねって事だと思うのですが


私の場合、だいたい整流板は
3~4ヶ月に1回の清掃


そして中のファンは2年経過して今回が
初めての掃除になります


何故2年も掃除しなかったかというと
ファンが取れるのを
知らなかったからです





・まずは整流板とフィルターの清掃です


こちらは5分ほどで終わるので
もっとマメにしろって感じですが


気が付くと3ヶ月位経過してしまいます・・・

フードc


こちらの整流板は簡単に取れます





フードd

整流板を取ると
フィルターがあって
こちらも簡単に取れます




フードe

整流板とフィルターを外した状態です


ここはホーローで出来ているので
濡れた雑巾で拭くだけで
そこそこ綺麗になります



フードf

整流板とフィルターも
水洗いだけで簡単に汚れが取れます



だいたい毎回3ヶ月以上は
掃除の間隔が開きますが
特に問題無く使えてます



ちなみに製品は
SVNS-904というタイプです


たしかレンジフード
グレードアップキャンペーンとか
あった気がしますが


そこまで高い奴じゃないです

フードa-2


標準のと違って
サイドマントルタイプという


開放感は素晴らしい奴です
(地味にリモコンも付いてます)

canvas2


オープンキッチンなので
この開放感は気に入っていますが


一番高いVRAシリーズだと
整流版とフィルターも
ホーローなのですが


我が家のタイプ(SVNS-904)は
整流板はホーローですが
フィルターは
親水性グリスフィルターになっています



水洗いですぐ落ちるので
満足してますが・・・


・・・・
・・・
・・

グレードアップ
キャンペーンって言う位だから



整流板とフィルターも
ホーローだと思ったんですけどね








・2年以上経って初めてシロッコファンを外す


ここからは
引越してきて初めての清掃です(笑)

フードg


外し方も簡単で
どうして今まで気付かなかったのか
謎なのですが・・・


ネジを2つ回すと簡単に
外れます


フードh

シロッコファンなどを
外した状態です



本来は
台所用洗剤などで
簡単に落ちるらしいのですが


フードi

さすがに2年以上経ってるので
簡単には汚れは取れなさそうです



家を探していたら
100均で買った
セスキ炭酸ソーダがあったので


フードj

とりあえず漬け置きします





フードk

ちょっと時間なかったので
30分ほど漬け置きして


取れなかった汚れは
使用済のハブラシで落としました


多分長時間置けば
それだけで綺麗になると思います



フードl

かなり綺麗になりました



多分半年ごとに
掃除すればもっと簡単に
落ちると思います


昔のレンジフードは
整流板なんて無かったので
換気扇部分がギトギトで大変でしたが


整流板とフィルターの掃除も簡単だし


シロッコファンも
昔の換気扇と比べたら

手で持つところは
ギトギトしてなく

掃除はしやすいので


もっと掃除しようと思いますが・・・


なかなか子供が小さいと
マメに掃除出来ませんね・・・
(って子供を言い訳に使うのも良くないですが





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年06月12日





子供が生まれたから家を買うという方は
結構多いと思いますし


私も子供が生まれたので
家を買いました




小学生a

3歳と1歳の子供と犬が
庭で遊んでる姿を見ると


「家建てて良かったなぁ」と思いますが



自分が小学生、中学生の時に
新しい家を見ると


凄い憧れた記憶もあります


お兄ちゃんが1歳の時に建てたので


中学入学の時は築13年になりますから
そこまで新しい家ではなくなります






・子供が10歳位まで待って家を買うメリット


実際に家を建ててしまったので
想像だけですが


思い浮かぶメリットは


・子供が友達を呼ぶ時に新築

・子供の意見も反映出来る家が作れる

・10年後は当然家の性能もさらに進化している


これくらいかと思います


普通は夫婦だけの生活でしたら
それに合う間取りで生活してますから


子供が生まれたら家が狭いと思いますが


もし広さに余裕があって
今の賃貸に不満がなければ
数年は待ってもいいかもしれません



小学生b
前に住んでいた賃貸の間取りです
これで子供2人はちょっと厳しいですね・・・



低金利のおかげで
家賃とそれほど変わらない金額の
住宅ローンですし


年齢的に夫婦とも40歳超えたので


子供が生まれた
タイミングで家を建てました







・逆に10歳位まで待って建てるデメリット


金銭面に関しては


10年後は今より
お金に余裕があるかもしれませんし


逆にお金が
全然無いかもしれませんから



金銭面のメリット、デメリットは省いたとしても




・今以上の低金利は考えにくいので
支払う利息が高くなりそうです

小学生c


とはいえ低金利のまま
数年経ってますね・・・







・学校の関係で
土地を選べる範囲がかなり狭まる

小学生d



近所の学区マップですが
小学校は本当に
範囲が狭いですね・・・



うまく土地が見つからないと
転校してしまう事になります








・買ったら損という方も結構いますが・・・



家を買う理由アンケートで


上位の理由を
全て論破している本があったり







・子供が生まれたから
・結婚したから


などの理由で家を買ってはいけない
というブログもあります・・・


その辺の考え方は
人それぞれですが



反論理由が


・家は負債というお金の問題だったり
・離婚したらどうするんだって理由だったり
・昔と違って家を買っても昇進に影響しないだったり


などなど色々あるのですが


読んだ感想としては



妻が狭い、古いキッチンで
料理していて


「家欲しいなぁ」って言われた時に



「負債になる」とか
「離婚したどうするんだ」とか
言うんでしょうかね



家を買う事で
妻と子供が満足して


金銭的に問題がなければ
細かい理由は考えないほうがいいです(笑)


私が小さい時は
貧乏長屋みたいなとこに
住んでいて


中学生で親が離婚するまでは
家族4人で4.5畳と6畳のとんでもなく
狭い家に住んでいて


とにかく家が欲しいと思っていました



いつ、どこに、どのメーカーで建てるかは
悩みましたが


ずっと建てないという選択肢は
結婚して子供が出来てからは
無かったです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2019年06月10日





最近はシングル窓は
ほどんど無くなりましたが


窓の性能は
シングル<ダブル<トリプルで性能があがり


さらにLow-Eが付くかどうかでも
変わりますし


ペア、トリプルなら
窓の間が空気層か
アルゴンガス入りかでも変わります


サッシは
アルミ<アルミ樹脂複合<樹脂の順で
断熱性能があがります
(一部例外ありますが)


断熱性能が高ければ
光熱費も下がりますが



下がった光熱費以上に
窓サッシの値段が高ければ
損をしてしまいます





・アルミサッシのペアガラスでも大丈夫なのか?


我が家の山梨県甲府市は5地域で
関東地方と同じですが



前にもチラっと書きましたが


今は築6年目の建売住宅
当時新築で
購入した友人宅に何度か行ってるのですが


ちゃんと冬は暖かいし
夏は涼しいんですよね
(もちろんエアコン使いますけど)


その友人宅の窓サッシは

コスパa



デュオPGという
UA値は4.0を越している商品で


しかもLow-E窓でも無い
普通のペアガラスなので


今売っているLIXIL製品では
熱貫流率は最低ランクの商品ですが
(賃貸用などはまだシングル窓もあるみたいですが)



コスパb

デュオPGは
ほんのちょっとだけ樹脂使ってますが
ほぼアルミサッシです



それでも昔の家に比べたら
快適に過ごせますけど



ちなみに購入価格が
土地、外構も全部込みで
2,000万円以下なので


この地域としても
割と安い物件だったらしいんですが


もちろんC値、U値は
最新の高断熱、高気密住宅はもちろん



ローコストな我が家よりも
低いですので



光熱費は若干かかるかもしれませんが
エアコンさえあれば
結構快適でした
(冬は石油ファンヒーター使っていましたが


もちろん来客が来るから
強めにエアコン設定している可能性もありますし


両側アルミなので
結露が凄い可能性はありますが・・・






・家が暖まる、涼しくなる最低ラインはどこか



この家に住んで2年半が経って
会社の会話で


「そういえば昔そうだったなぁ」という言葉があって



寒い時期の会話ですけど
会社の同僚が

「毎朝ストーブの前の取り合いだよー」って言っていて



たしかに昔住んでいた賃貸は
エアコンを入れても全然暖まらず


電気料金に見合う
暖かさも全然無かったので



石油ファンヒーターと
ホットカーペットとコタツを使っていました



昔住んでいた賃貸の間取りですが

コスパc

このようにストーブ前の一部分だけ
暖かいので取り合いになります


リビングは全部暖まらないし
当然廊下や脱衣場などは
特に寒かったですが


今の家は
エアコン1台で
家中全部が暖かいので


快適に過ごせています



建売住宅を買った友人も
エアコンプラス石油ファンヒーターを
稼働させていますが
充分快適に生活していますけど



もちろん窓以外にも
断熱材やその他色々と


寒い、暑いに影響する
部材はありますが


山梨県甲府市では
(夏は恐ろしく暑くて冬はそこそこ寒い地域です)


普通のペアガラスだと
石油ファンヒーターが
無いとつらいと考えると



我が家もそうですけど
今の高断熱、高気密の家は


石油ファンヒーターは使えませんから
ちょっと厳しいのかなぁとなります


冬はファンヒーター以外にも
結露の問題もありますし


もちろん値段が高い窓の方が
家の温度を逃がさないので


予算があれば高い方が
いい事は間違いありません



逆に言えば
結露してもいい、冬はある程度は
寒くても仕方がないって割り切れれば
格安の建売住宅でも問題ないと思います
(お金の使い方は本当に人それぞれです)





・オプション費用が光熱費より高いと考えます・・・



我が家の窓サッシは

コスパd


もはや住宅系ブログの中では
低性能な部類のサーモスⅡ-Hです




コスパd-2

一応まだ高性能窓で展開していますが・・・



コスパe

LIXILのパンフレットに書かれている
1990年との比較ですが


そりゃ30年前の窓と比較したら


アルミのシングルでしょうから
前に住んでいた賃貸アパートの様な
窓ですから


実際に年間5万円近くは下がると思います




コスパf


一方こちらは
まだまだ本当に高性能窓の
サーモスXです


熱貫流率は1.03と高性能ですが
アルミ樹脂複合ですから


いまいち住宅系ブログでは
評価が高くないですが



実際に仕事で古い塩ビ管や
PVCを見てますので

コスパf-2

「太陽光に当たって20年もしたら
割れや欠けが出るな」


って思っていますから


室外側アルミの耐久性はありながら
この熱貫流率は素晴らしいと思います


ちなみに
塩ビ管は水道にも使ってるから
数十年でも平気という方いますが


あれ地中に入ってますし
塩ビパイプはもっと厚いですし


実際に解体すると分かりますが
紫外線で劣化してると
「手でパリッ」って簡単に割れます


コスパg


もちろん紫外線対策はしてあると思いますし


色々問題がクリア出来たので
商品を出したと思いますけど




昔から樹脂を使っていた
ヨーロッパ・・・


いわゆる窓サッシ先進国のドイツだと
過去に樹脂の劣化、変色の問題があって


コスパh


今はこのような
木製や樹脂製のサッシを
アルミで覆った製品が増えています



複合サッシっぽいですけど
これは樹脂や木製サッシの
表面だけアルミで覆っているだけです


なので性能も高く
熱貫流値1.0という
サーモスXより高い性能です


日本だと樹脂のYKKと
アルミ樹脂複合のLIXILで争っているから
出せない商品ですね



YKKが出したら
LIXILが「ほら、アルミのがいいでしょ」って言いそうですし


LIXILが出したら
「なら複合サッシなんだったの?」ってなりますし





・・・・
・・・
・・


どちらにしても
中学生の頃に


庭で遊んでいて
ビンのコーラの栓を
サッシで開けてた思い出があるので(笑)



子供は大人の
想定外な事するんで


ある程度の無茶に耐えられる
アルミの方がいいかなぁって
思ったりもしています


もちろんサーモスから
差額無しでAPW430やエルスターになるなら
変更してますけどね

(結局は予算の問題・・・



実際アルミ樹脂複合サッシは
コスパに優れていると思いますし
(オールアルミはさすがに無いですが


海の近くでしたら
アルミは塩害の可能性もありますが


家の近くどころか
海無し県の山梨ですから


室外側はアルミ派の私ですが



サーモスXにした場合に
「だいたい50万円の追加」という事で


コスパi


こちらはLIXILのカタログですが



「平成11年適合アルミPG窓」との比較なので
熱貫流率4.65との比較ですが



熱貫流率約1.0のサーモスXとの比較で
年間11,410円の節約ですから


熱貫流率2.33のサーモスⅡ-Hなら
その半分位なので年間5,700円


設定温度などで変わるとしても
年間10,000円までの差は無いので


オプション費用が50万円なら
元を取るのに50年以上かかるわけで・・・


・・・・
・・・
・・


そもそも

コスパj


サーモスⅡ-Hもキャンペーン品で
本来は両側アルミのサーモスSタイプが標準でしたから


canvas1

(両側アルミですがLow-EタイプならUA値2.43とまずまずな商品です)


もしかしたら、すでにサーモスⅡ-Hが標準なんだけど
お得に見せようとした可能性もありますが


営業さんもサーモスⅡ-Hって
高性能の窓が付きますって説明しますし


当時は、この地域だと
ショールームでもサーモスXは無くて
展示品はサーモスⅡ-Hでしたし



ショールームでも
当然高性能窓って説明をしますから



元を取れるオプション費用だったとしても
妻を説得出来るとも思えませんが(笑)
(見た目重視の妻は枠が狭いサーモスはお気に入りですし)


どちらも快適に暮らせて

「片方は50万円アップする代わりに
年間1万円の得」


ではコスパを考えると
ちょっと変えれませんでした


予算若干余ったんで
ちょっとは悩みましたけどね・・・









・今は多分違うと思います


上記は
2年前の話ですから


スマートフォン程ではないですが
住宅も毎年どんどん高性能になっていくので


デュオPGクラスの窓を使うハウスメーカーも
減ったと思いますし


今ならサーモスXとの差額も
もっと安いと思います


当時でも
差額20万円なら変更したと思います



・10年で得をする物なら間違いなく変えますし

 実際太陽光も計算上7年で元取れますから
 設置しました


・20年でも多分変えますが


・元を取るのに30年以上かかる場合は


かえって損をするので
家建てる時は計算ばかりしていました



コスパk


実際充分快適ですし
東北、北海道などの寒い地域じゃなければ
問題ないと思いますが



とりあえず性能は置いといても
このサッシ部分の狭さは
見た目非常にいいです





・総予算の割り振り方も大事です



設備選び、部材選びなど
契約前後は一番楽しい時期でもありますが


予算内に抑えることも大事ですから

コスパL


100万円増額で35年間支払いが
毎月3,000円上がります
(金利1.2%の固定金利計算で)


繰上返済をしなければ
利息分合わせて120万円かかります


営業さんは
「毎月3,000円の増額で済みますよ」って
言うかもしれませんが


年間で36,000円を35年間
全部で120万円上がるって結構大変です



「暑い、寒い」
地域差も個人差もありますから



同じグレードでも
満足する人、しない人が出ると思いますが


満足出来るなら
低予算の方がいいと思いますので


特にローコストで建てるなら
コスパも考えて選んだ方がいいと思いますが


モデルハウスですと
何処に行っても「快適な温度」なので


出来れば実際に使っている
友人などに聞くのが一番いいかも知れないですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング