2019年04月17日





先日東京まで用事があったので


ついでに子供に新幹線を見せようと
また東京駅まで行きました


有楽町a


前回初めて東京駅に行った記事はこちら
↓↓↓





・時間が空きすぎました・・・


ネットで予め往復のキップを
買っていて


用事がもっと時間がかかると
思っていたのですが


用事がすぐに終わって
帰りの電車までは
4時間ちょっともあります・・・


入場券は2時間だし
そもそも4時間は飽きるし


東京駅はランチも高いし


子供は小麦アレルギーなので
中々お店が無い・・・


などなど考えて


かなり近くで
新幹線が見れると評判の


有楽町にある
東京交通会館まで行きました





・いいポジションで写真は撮れます


東京交通会館は
有楽町駅の目の前なので
子供を連れていれも楽に行けます


3階から外に出てる庭園があって
そこから新幹線が見れます


有楽町b

なかなかのポジションです




庭園も結構な広さで
休日でしたが
そこまで人もいないので


有楽町c

子連れにはいいかもしれません




さらに有楽町の方が
安い飯屋もたくさんあるので
ランチにも困りません


特にうちの子供みたいな
小麦アレルギーなんてあると


東京駅なら高い寿司屋か
ピラフくらいしか無かったのですが


有楽町なら
安い寿司屋も吉野家も
ファストフードもありますし


有楽町d

駅前でイベントしてました




有楽町e

これで500円は安い


これと駅前のコンビニで
オニギリ買ったので


小麦アレルギーの
子供も平気でした








・交通会館がイマイチな理由・・・


割とよさそうな有楽町の
東京交通会館ですが


子供はイマイチみたいでした



有楽町f


このポジションで
のぞみが通るのですが


当然ですが東海道新幹線の線路なので
「のぞみ」しか通りません
(こだまもひかりもありますが



ほとんどの子供は
「こまち」「はやぶさ」の方が好きなので


うちの子供も
「こまちは~?」って言ってきます


写真撮るには人も少なくていいですが



子供には東京駅のが
ずっといいみたいなので

有楽町g

結局すぐに東京駅に戻ってきました



「のぞみ」の方が好きな子供なら
有楽町もいいかもしれません




有楽町h

有楽町では「のぞみ」より
2階建てバスの方が喜んでいました






有楽町i

後日友人に教えて貰ったのですが
「こまち」「はやぶさ」の後ろにいる
新幹線がレア車両らしいです


ピンクのラインが入った「トキ」で
1日2車輌だけらしいのですが


詳しくないので「かがやき」にしか
見えませんでした



にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング






2019年04月15日





工務さんと
照明の打ち合せとしていた時に


よく聞く「ダウンライトは暗い」という
話をしていて


もちろん「明るく感じる」 「暗く感じる」
個人差があるので


設置してから暗かったでは
工務さんも困るでしょうから


色々打ち合せしましたが


住んで2年経過して
暗いと思った事は一度も無いですし


むしろここまで
照明要らなかったと
思う場所もあります






・リビングは拡散型ダウンライトがオススメ


ダウンライトで
よく言われるデメリットで


「真下は明るいけど周りは暗い」
というのがあります


ダウンライトa



我が家のリビングとキッチンで使っている
ダウンライトですが


拡散型と呼ばれるタイプで


これだと周りが暗いという事は
余りありません



ダウンライトb

打ち合せの結果


リビング部分に9個
キッチンに3個の

ダウンライトを設置しました


ダイニングは
テーブルの場所移動や
将来の買い替えの為に


レールライトにして
ペンダントライトにしています



明るさの調節は
MAX時の半分位の明るさで
使っていますので


かなり余裕があります


ダウンライトc

夜にカーテン閉めた状態で
これでMAX時の50%です



100%にすると
ハレーションが凄くて
写真撮れませんでした




多分ダウンライトが暗いというのは

・昔のダウンライト

・凄く安いダウンライト
(我が家のも高くは無いですが

・拡散型では無くて真下のみ明るいダウンライト


などなどを
使っている場合かと思います


メーカーも
白熱電球と遜色ないレベルのLEDは
2010年以降の商品と言ってますし



定価は高いですが
割引率が高い商品ですし


数は必要ですが
1つ1つはそこまで高くないので


オシャレなシーリングライトを買うと
思えばそこまでは変わらないと思います




ダウンライトd





定価8,800円ですが
レオハウスの単価で工賃込みで
5,280円でした



ネットで見ると



3,300円ほどで購入出来ます




調光や色を変更出来ないものなら
1,000円代からあると思います


我が家の場合追加料金は
リビングだけなら73,320円
キッチン部分で19,840円です


おしゃれなシーリングライトでしたら
1つ30,000円位すると思うので


リビングとキッチンで60,000円と考えたら
そこまで値段差はありません








・色は変えれる方がいいです


こちらのライトは


調光機能にプラスして
色を変更する事が出来ます


ダウンライトe

明るさはツマミで0~100%に

さらにオンオフで
昼白色と電球色に変わります



元々妻が昼白色
私が電球色が好きだったので



それなら切り替わる方がいいと思って
この照明にしました


ダウンライトe-2


色温度 2,700kの電球色と
色温度 5,000kの昼白色に変わります


普段は妻の好みの
昼白色にしていますが


一人で映画を見る時や
くつろぎたい時には
電球色もあった方がいいと思います


今は子育てで
くつろぐ時間も少ないですが・・・


私は普段から電球色でいいんですが
妻は「落ち着かない」そうなので


こういう場合
色が変えれるライトの方が
いいですね





・ダウンライトをオススメする理由



「オシャレで空間がスッキリして
部屋が広く見えます」


これだけで充分すぎる
メリットがあると思います



どれくらいオススメかというと


ハウスメーカーのモデルルームにいって
リビングがダウンライトでは無く

シーリングライトという
モデルルームは無いと思います



ダウンライトf


モデルルームの場合
もっとオシャレで値段も高い
ダウンライト+間接照明ってのが
多いですが


私も設置する前は
ダウンライトは


値段が結構高い
イメージがありましたが


そこまで値段差も無く
明るさも問題ないので


リビングだけでも
ダウンライトにするのはオススメです


もっと予算があったら
天井に段差付けて
間接照明もいいですが


そこまで予算はありませんでした



後はホコリも付きませんから
大掃除名物の
照明の掃除もいりません(笑)




照明が切れたら
自分で交換出来ないので


将来お金はかかりますが


1日8時間をMAXの明るさで
使って13年持ちますから

通常の使用なら15年以上は
使える計算です


ちなみにLED電球の交換時期は
いきなり切れるわけではなく
70%の明るさ=メーカー推奨の交換時期なので


我が家みたいに通常半分の
明るさで生活してるなら


基板が壊れなければ
計算上は20年は持ちますが・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年04月12日






前にステマのブログ記事に注意という
記事を書きましたが

↓↓


その時にも少し書いたのですが


家作りのブログ記事で
割と迷惑なのが


アフィリエイト収入の為だけのブログで
実際は家なんて何も作ってないブログです


そしてその中でも
一番厄介なのが


無料でたくさんのハウスメーカーから
間取りを作成するって
サービスです


tla



この画像見た方も多いと思います


クリックして
資料請求した場合に
謝礼が貰えるというシステムです






どういうシステムなのか
気になったので私も登録しました


どうせ申し込むなら
ここから申し込んでください(笑)



そもそも
悪い事書いてあるので
謝礼くれないかもしれませんが・・・


一応フォローすると
このサービス自体は
問題ないですし


効率よく自分に
合うメーカーを探せるとは思うのですが・・・・



仕組みが良くないので
家を建てても無く、検討もしてなく
不安だけを煽るブログが増えてしまってます





・実際に建てた人が書くならいいんですが・・・



私も家を建てている時はブログなど
色々見ていました



実際に建てた経験
特に同じハウスメーカーで
建ててる方は本当に参考になるので



このような方が書くブログなら
何も問題ないのですが



厄介なのが
実際に家を建てるどころか
家作りなんて考えもしてない方が



このサイトは「役に立ちました」とか
書いてこのページに飛ぶブログを見ると


非常にがっかりします



何しろ家を建てるという経験は
普通は何回もないので



経験が無いと
「この人本当は建ててないかも?」
というのが分かりません




注意して欲しいブログで
多いパターンが


「〇〇〇(ハウスメーカー) クレーム」で検索すると



tlb


・自分の家の画像は一切なく
・イメージ写真がたくさんあるブログで
・〇〇で建てたけどクレームも多かった・・・


こんな感じで
ハウスメーカーの名前だけ変えて
内容は全く同じのブログが出て来ます


そしてこのパターンのブログは
実際に建ててないので


書くネタがありませんから1ページだけのブログ
あっても数ページしか
ブログ記事がありません




そして最後に


ここなら一括で見積り出来て
安心などと書いて







こちらに飛びます


・・・・
・・・
・・

「読んでた時間返して」って
思ってしまいます



実際に建てた人のブログなら問題ないですし
参考にしたブログでしたら


お礼の意味も込めて申し込みしても
良かったんですが当時は
この仕組みを知りませんでした






・何故、このようなブログが非常に多いかと言うと



tlc
なんと無料の間取り作成を
申し込まれた場合


クリックされたブログには
12,000円の謝礼金が貰えます


昔は25,000円だったそうなのですが
今でも大変高額ですね


通常ブログ記事の
広告をクリックしても
数円~数十円です


このブログで言えば


広告の半分は
ライブドアブログ側で
出してる広告ですからクリックされても
1円も入りませんし


(その代わり無料で
ライブドアのサーバーを使えます)



ちなみに
私が使っている
ライブドアブログは


月間100万PV行くと

tld


非常にうざい
動く広告まで
表示されるらしいのですが



私のブログは
月間5万PV程度なので
心配しなくて大丈夫そうです・・・



そのような中で
資料請求すれば
12,000円貰えるわけですから



家建てる予定も無く建ててなくても
この広告載せたくなる気持ちも分かります



ブログを作っている方からしたら
どうにかしてクリックして資料請求して欲しいので


建ててもいない家の
クレーム記事で不安を煽って


ここから申し込めば安心と
良い事しか書かなくなりますね



しかも実際に家を建てた人のブログよりも
プロブロガーが作るんで


サイトも綺麗ですし
見やすいです(笑)



実際に建てた方のブログでも
綺麗で見やすいブログも多いですけどね


私は苦手なもので・・・





・実際に手間は省けると思いますけど



tle


確かに何件も
ハウスメーカー尋ねるのは大変なので
こちらから申し込むと楽な部分もありますし


実際お金は一切かからないらしいですが


何しろ家を建てる予定の
個人情報なんて


ハウスメーカーからしたら
ものすごい欲しい情報ですから


当然興味のないハウスメーカーからも
営業の電話も来るでしょうし


そもそも
注文住宅で細かい打ち合せを
したくないなら

建売住宅買ったほうがいいです(笑)




ちなみに自分の住所を記入して
進めていったら


tlf



4メーカー出ました
(レオハウスは出ませんでした・・・)


これくらいならいいですが


8メーカーとか出たら
断るのも大変ですね





・自分で申し込んだ方がお得です


まだメーカーも希望も間取りも
決まってない方なら


サービス自体は
問題なさそうですが



例えばタマホームなら

tlg





公式サイトから
自分で申し込みすれば
クオカード貰えるので
こちらの方が得だと思います




このサービスが悪いわけではなくて
高額の謝礼の為に


嘘を書くブログが悪いので


もし欠陥住宅やクレーム系の
ブログで


実際の画像も無く


最後にこれが出るようなブログは
疑ってかかったほうがいいです




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング