2018年03月22日




私が小さい時は
「当たり前ですが」デジカメは無く
フィルムを入れるカメラでしたので
そんなに何枚も撮れなかったです。


当時コニカの100年プリントという
100年写真が持つという商品がありましたが
会社が100年持ちませんでした

写真も25年ほどで「かなり色褪せました」



iPhone8Plusの
「ポートレートモード」が凄かった


子供が生まれてすぐに
ビデオカメラミラーレス一眼を買い

ちょっとしたお出かけの時は
両方持っていきましたが

「当然重いし邪魔」なのですが
スマホよりは綺麗だし、ここぞという時は
ミラーレス一眼で撮ってました。

aiphone


オリンパス PEN liteという奴です。
素人ですが結構綺麗に撮れます



イベント時などはビデオカメラ
動画の方が多いのですが
綺麗に撮りたい場合はミラーレスで撮ってました。

biphone


素人が撮っても写真に「ボケ」
あると上手に見えますね


持ち歩きにはスマホより不便ですが
スマホよりはずっと綺麗と満足してましたが

iPhone8Plusにしてから変わりました。







まだポーズを取ってくれる年齢ではないので
普段はiPhoneで動画をずっと撮って
後でスクショにして写真にするのが多いのですが


ポートレートモードで撮った写真が
余りにも凄く

今はミラーレス一眼は持ち歩いていません

diphone


iPhone8Plusで撮った写真です。
顔の犬以外は「修正してません」


カメラに詳しい人から見ると色々違うかも
知れませんが、私はこれで充分なので
荷物が減るしスマホのが取り出しやすいので
iPhoneだけで満足です。



にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村

2017年4月~18年3月生ランキング




2018年03月20日




子供がいる家庭なら割と必須かもしれない
安心コンセントです。

a安心コンセント


正確には
「埋込扉付コンセント」と言うらしいですが
オプション費の項目にも
「安心コンセント」の名前になってました。



昭和の時代の男の子なら
割と経験があるのかも知れませんが


打合せの時に工務さんも同じ経験があって

「学校でコンセントに針金入れて火花出してましたねぇ」

工務さん「しましたねぇ、ブレーカー落としました」

・・・・
・・・
・・
小学校の時にペンチで針金を掴んで
コンセントに刺すと火花が出ます。
そしてブレーカーが落ちます。


その他金属製のおもちゃなどを
コンセントに入れて金具に触れると
感電してしまいます。







というわけで
子供が触れれる高さのコンセント17箇所を
全て安心コンセントにしました。
価格は1箇所あたり500円追加で8,500円です。


フタ付きのコンセントや
コンセントカバーだと小さい子供でも簡単に
外せるのでこちらにしました。


安心コンセントは
①普段はシャッターになっていて奥が触れない。

コンセント穴を2つ同時に差し込まないとシャッターが開かない


なので子供がいたづらしようとしても
通常のいたづらでは
奥に触れれないので安心です。

もちろんコンセントは差し込めますし
コンセントと同じような大きさのおもちゃなら
2穴同時に差し込めば
開いてしまいますので注意は必要です。


またシャッターのおかげで
ほこりが付く事もなくなりますので
万が一の火災の心配もかなり減ります。


b安心コンセント

我が家のコンセントです。

手が届きそうなコンセントは
TVアンテナ付などのコンセントも含めて全部
カバー付きに変更したので
イタズラにも安心です。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング






2018年03月19日




どんどん家が出来て来て
既に工事途中の家で打合せを行っても
「飲み物が出ない」位で


雨と風は普通に凌げますし
昼なら寒くのないので
普通に打ち合せ可能です。



・気にしてなかったスイッチ類

照明はこだわりもあり数度打ち合せ
してたのですが、スイッチの位置は
なんとなく図面に書いた位ですが

家が出来てくると
「この位置がいい」
というのが出てきます。


工務さんが困ってる感じで
「この家壁少ないですよねぇ」
「スイッチ付ける場所が無いですねぇ」

a壁スイッチ

1階は1部屋で
広いワンルームという希望で作ったので
家の中に壁はほとんどありません。


キッチンもコンロ前の壁も要らないと
完全にオープンになってます。


冷蔵庫の右も「引き戸」にしたため
ほとんどスイッチは付けれません。



・付けないといけないスイッチが多いです。

今までの賃貸アパートと違い
スイッチ類もたくさん付けないといけません。

最低限必要なスイッチを並べると
LDKだけで

照明のスイッチが
・リビング
・ダイニング
・キッチン

これに
・インターホン
・エコキュート
・太陽光モニタ

などなどがあります。



・移動出来るものは廊下に

b壁スイッチ

廊下と呼べるのか分からない
スペースがあるので、ここに

・ブレーカー
・太陽光ブレーカー
・太陽光モニタ
・第一種換気のスイッチ

を設置

脱衣場に行く方も引き戸なので
トイレの照明スイッチが手前に付けるところが
「どこにも無く」
仕方ないですがトイレ内にスイッチを設置しました。







・リビングも色々厳しかったです

c壁スイッチ

リビングスイッチは問題なく
入ってすぐに設置が可能ですが


キッチンの照明はキッチンに取り付ける場所が
「どうやっても取れない」ので
ダイニングのスイッチと同じ場所に


インターホンとエコキュートのスイッチは
引き戸があるので厳しかったのですが
どうにか設置出来ました。



・住むと慣れますが・・・

キッチンのスイッチが遠いなとは
思ってましたがキッチンに行くときには
スイッチの場所を通るので
問題なかったですが

d壁スイッチ

廊下の照明がリビング側にはありますが
脱衣場側は引き戸なのでありません
(2つ付けるほど廊下も無いですが)


引き戸2つなので、お風呂から出る時に
妻が洗濯機やトイレなどで
廊下に来るとスイッチを消してしまうので
「真っ暗になります



ニッチ作ってスイッチ類は全部まとめると
カッコいいなんて思ったりしたのですが
ニッチを作る壁が無かったので無理でした



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング